【釣行日】 2017年6月15日
【釣行終了日】 年月日
【釣行時間】 5:00-15:00
【場所】 相模湾
【船宿】 嘉丸
【釣果】 メジ・カツオ0尾
【タックル】
・ロッド…メジャークラフト『ジャイアントキリングGKS-76M』
・リール…ダイワ『シーゲート4000H』
・ライン…DUEL『Super X-wire4 #4-200m 』
・針/仕掛け…
・ルアー/エサ…ダイワ『ソルティガドラドスライダー180F』
・その他…注意:今回のタックルはカツオが本命用です。キハダ狙いはもっと強いタックルをご用意ください。

【使用ルアー②】
*ヤマリア『ラピードF160』
*ヤマリア『メタルフリッカー80g』
*ヤマリア『フラペンブルーランナー38g』
*Mgクラフト『七星40g』
*CLUE『AXEL60g』

前日の釣果情報を見て、居ても立っても居られなくなり釣行を決意(笑)

キハダサイズが釣れていましたが、私の本命はカツオ。
前日も釣った方で3本キャッチとあっては行かないわけにはいきません(=゚ω゚)ノ

出船からなかなか鳥山・ナブラが見当たらず相模湾クルージングを楽しみます(゚Д゚)ここでへこたれていてはカツオは拝めません。

魚が回遊しているだろうエリアに到達するとここから勝負開始です。
キャスティングでのマグロ(カツオ)ゲームはローテーション制を取る船宿が多く、少ないチャンスをいかに掴むかが重要です。

朝イチのナブラはなかなかバイトに至らず、船中苦戦。
私は肝心の群れ先を捉えるキャストにてエアノットが発生し、キャスト切れ…。
※なるべくキャスティングではオーシャンガイドや最新のRVガイドを搭載したいものを選びたいですね。大事なチャンスがこうならないように…( ノД`)

鳥山に近づく寸前

 

 

 

 

 

 

 

一回目のローテーションが終わり違う群れを探していると船長の第6感が働き、規模の小さい鳥の群れを発見。しかも進行方向とは逆にキャストの指示。船中のアングラーが『??』な状態でしたが、ミヨシの方がキャストするとほどなくバイト!!!すかさず船長が『そいつは群れの先頭だから連続ヒットするよ!投げて!』するとその隣のアングラーのルアーにもバイトこちらは惜しくもミスバイトとなりましたが、バイトラッシュは後方の私の方にも来ました( ̄∀ ̄)!

『コツン』

魚の背中に乗り上げたような軽い感触。

これが私のこの日最後の魚とのコンタクトとなりました…(´Д`)

たまにカツオの背中が見えます

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどヒットさせた方は見事にキャッチ!
メジサイズでしたが、貴重な船中初キャッチとなりました。

その後クルージングが続き、陽が昇ってから魚が落ち込み投げられない時間が続きます。

後半大規模なカツオの鳥山を発見するも、バイトさせることが出来ず翻弄。シラスについているカツオ攻略は毎年悩まされますね^^;
ルアーメーカーさんでシラスナブラに効くルアー作っていただけませんでしょうか?笑

―と、今シーズンも凹でスタートしたマグロ・カツオゲームですが水温の上昇とともに活性も上向いてきますので、今後も目が離せませんよ♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事