【釣行日】 2016年9月6日(火)
【釣行時間】 AM07:00-PM12:00
【場所】 厚木へら鮒センター
【釣果】 ヘラブナ…3枚
【タックル(チョーチンタックル1)】
・竿…シマノ『皆空 9尺』
・道糸…オーナー『ザイトへら専用白の道糸0.8号』
・ウキ…かちどき『浅ダナタイプI NKU-005 6番』
・ウキゴム…HX-JAPAN『Foot Fit S』
・ウキ止めゴム…HX-JAPAN『DUAL HOLD M』
・ハリ・ハリス…オーナー『バラサ80cm ハリ6号 ハリス0.4号』
【タックル(チョーチンタックル2)】
・竿…シマノ『景仙桔梗 8尺』
・道糸…サンヨーナイロン『バルカンイエロー1.2号』
・ウキゴム…HX-JAPAN『Foot Fit S』
・ウキ止めゴム…HX-JAPAN『DUAL HOLD M』
・ハリ・ハリス…オーナー『バラサ80cm ハリ6号 ハリス0.4号』
【エサ】
(1)Sグリーン1,000cc+水200cc
※バラケすぎて上で魚が湧いてしまったので粘るエサにチェンジ
(2)Sグリーン400cc+粘麩100cc+水100cc

久しぶりに厚木へら鮒センターさんへ行ってきました。今回はスタッフ高窪と2人で、『月刊へら鮒』の取材釣行でした♪

朝は気合いが入りすぎて、オープンより30分以上も前に行ってしまいました(笑)
午前6時半にオープンし、風向きや太陽の位置を確認。私達は大池の中央桟橋北川の12・13番に入りました。

風が強くなる予報だったので、釣り方はチョーチン両ダンゴ。9尺でスタート。水面には魚がわんさか!これは釣果が楽しみだ!!なんて思っていました…。
最初は魚を寄せるんだぁーなんて思って、それはそれは大っきいダンゴを付けていました。そりゃ~魚が湧きます(笑)釣り場に合わせてエサ付けを変えなきゃならないことをすっかり忘れていました。

それから徐々に両ダンゴの大きさを小さくしていきました。ただ、バラケすぎてもっていないことに気がつきました。高窪にもたせるエサを聞き、自分なりに考え、Sグリーン:粘麩:水を、4:1:1の割合で作ってみました。

このとき思いました。
いつも名人さんの判断で、エサを変えたり、ハリスの長さを変えたりして釣果を上げていましたが、いざ一人でやるとなると何も分からない…。自分はまだまだすぎると…。

決して落ち込んだわけではないんです(笑)
こういうときはこういうエサをこれだけ足すといいとか、今こういう状況だからハリスを○○cmにしてみるとか、考えられるようになって、それで釣れたら楽しいんだろうな~と思いました♪

ただ、そうすぐには簡単にいかないところがへらのおもしろいところ。
野釣りと管釣り、またその釣り場によっても釣り方が違うので、釣り自体上達はできても、攻略はできない!!それがおもしろさ♪
改めてそのおもしろさを実感しましたよ。

この日の釣果は3枚とかなり厳しい結果となりましたが、この難しさがやる気をかき立てますね(笑)午前中だけで30枚以上釣っている人がいるんですよ!!釣れる方法があるんです。そう考えるとワクワクしちゃいますね。
また挑みたいと思います♪

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ3枚~

なんとか3枚目

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ3枚~

やっと釣れた!!

実は、厚木へら鮒センターさんに行くときは、ご飯が一番の楽しみなんです♪

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ3枚~

この日のメニュー

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ3枚~

魚と野菜のミックスフライ定食、ボリューム満点!!

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ3枚~

鶏のクリーム煮とバターロール、すべて手作り!!おいしかった~♪

この日の取材内容は、『月刊へら鮒11月号』に掲載されます!お楽しみに~♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

一生懸命勉強中です。元気と笑顔と気合いをもって、皆様をお待ちしております(^▽^) 【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ 【好きな釣り/魚種】 探し中!とにかく色んな釣りをやりたいです。(エギング、マルイカ、鮎友釣りかじってますが、まだまだド素人です) 【一番の大物】 カワハギ/27cm (まだまだこれからです♪) 【船酔い対策】 毎回寝不足なのでアネロンを飲んでいますが、海に出ると集中するのでおそらく船酔いしません。 (※二日酔いする方へ…頭が痛いときはとにかく緑茶!!気持ち悪いときはとにかく水!!迎え酒も効きますよ・笑)

関連記事