【釣行日】 2016年10月13日
【釣行時間】 08:00-13:30
【場所】 久比里
【船宿】 巳之助丸
【釣果】 カワハギ…5枚
【タックル】
・ロッド…DAIWA『極鋭カワハギレッドチューンAGS SF』
・リール…シマノ『ステファーノ201XG』
・ライン…よつあみ『WX8 0.8号』
・針…オーナー『プロトタイプ8号・7.5号・7号』、がまかつ『くわせ5号』DAIWA『ワイドフック3.5号・マルチ6.5号』

10月13日(水)、DKO2日目B予選大会に出場して来ました。

大会当日はたくさんの選手が集まり、当店お客様多数参加されていました。
当店スタッフは平賀、小澤、齋藤とカワハギ好きスタッフで参戦です。

朝一の抽選では、先頭バッター小澤=B船右舷5番、胴中決定。2番平賀=A船右舷6番…仲良く胴中決定。3番バッター齋藤=E船右舷4番。おっ少しましか?と思いきや、E船は船が小さく、4番胴中と三者凡退です。

が、胴中で勝つ人は勝つ。皆やる気は満々です。
A船の右隣の方は、週刊つりニュースのAPC奥野様という方。今年初出場とか…。お互い頑張りましょうとご挨拶。左隣は欠席のようでした。
さぁ出船です。皆さん各々準備をしながら、いざ!竹岡(泣)

スタッフ平賀釣行記~DKO・カワハギ5枚~

スタッフ平賀釣行記~DKO・カワハギ5枚~

結果は5枚と、2次予選出場の3位までの8枚に遠く及ばず。齋藤4枚、E船3位6枚と及ばず。
小澤7枚、B船3位6枚。おっ!と思いきや、6枚釣った選手が3名。ルールで同数は重量勝負、残念の検量負け(泣)
こうしてカワハギ好きスタッフ3名の今季のカワハギ大会は終了しました。
あとは癒やしの釣りと、来年のための修業です(笑)

今回使用したDAIWA『極鋭カワハギレッドチューンAGS SF』ですが、もっと使い慣れていくととても良い竿なのでは?という感じを受けました。今回は大会中のスタートダッシュがありまして、開始30分もないうちに2枚をGET。その当たりは、カワハギの気配を感じてから、カワハギが当たりSFの竿先が強めに暴れているところを、スイープに合わせていくと良かったです。
宮澤さんが言っていた、穂先が震えて合わせるのか?ちょっと暴れてから合わせるていいのか?が分かる竿ということを思い出させてくれ、もしかしたら今日はコレ?と思っていたら、3枚とも同じ感じで掛かったんです!コレは!!と思ってから、カワハギの当たりを出せず、結果5枚だったんですけど…(泣笑)

ただもっともっと使ってみたくなりました。今年はSFで釣り込んでみます!

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。 【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ 【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上! 【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事