【釣行日】 2016年10月19日(木)
【釣行時間】 13:00-17:30くらい
【場所】 伊東
【船宿】 はるひら丸
【釣果】 カワハギ…13-26cm/14枚
【タックル】
・ロッド…DAIWA『極鋭カワハギレッドチューンAGS SF』
・リール…シマノ『スティーレ101XG』
・ライン…シマノ『パワープロ1号』
・針…オーナー『プロトタイプ』7号・7.5号
・ルアー…オーナー『プロトタイプ』5号

伊東にはパラダイスがあるという…
ということで行って来ました。伊東のはるひら丸さんへ。
昨年、当店スタッフ齋藤・小澤・樋口が釣行に行き、カワハギの釣れる大きさと爆発力にうらやましく思っていた場所へ。

スタッフ平賀釣行記~カワハギ14匹~

12時前に到着したので、近くのステーキガストで腹ごしらえ。
食べるのは魚より肉が好きです!(ただ最近、年のせいか魚も美味しい…)

13:00より出船。当店からは平賀、高窪、齋藤、他1名の計4名と、オーナーの営業・藤岡さん。海専門の気象情報『海快晴』のスタッフ2名での釣行となりました。
今回は、オーナーから発売されるカワハギ針の試釣をさせて頂きました。
『手石』と呼ばれる沖の島周りと、その側にある『離れ』と言われる岩場周りが主な釣り場のようです。

スタッフ平賀釣行記~カワハギ14匹~

釣り開始よりしばらくで、スタッフ齋藤が上げました。まぁまぁのサイズ!またも齋藤、初めから飛ばします。
しばらくして藤岡さん、平賀と釣りますが…。楽園の割には静かです…。カワハギご一行が居ません。
美味しいアサリ料理をご用意しているのですが、お残しになっているようで3つともそのまま。隣を見ても、そのまま…。食べてるなぁと思っても、一口・二口程度?

昨年来ている藤岡さん・齋藤共に、「ここパラダイスで間違いないですよね?」って。僕に聞かれても分かりませんが、パラダイスでは無さそうです。少なくとも今は!

スタッフ平賀釣行記~カワハギ14匹~

1時間半くらいで8匹釣っていた齋藤もしばらく沈黙。
藤岡さんはポツポツと釣っています。齋藤8匹の間、僕は3匹くらい。その後もポツポツと上がるくらいで、餌はお残しがほとんど…。

スタッフ平賀釣行記~カワハギ14匹~

スタッフ平賀釣行記~カワハギ14匹~

16:30を過ぎたときに、僕にやってきました!プチパラダイス!
SFで2mくらい上げてからゆっくり仕掛を下げていき、竿先に違和感を感じたら、そのあたりでゆっさゆっさと仕掛を揺らします。竿先の違和感で何度合わせても掛からなかったので、違和感が出たらユサユサ。そして少しずつゆっくり下げていくと、竿先が少し大きく動き、手元にも少し伝わってくるところでスイープに聞き上げると、SFの穂先が下に曲がりこんで行くんです。
上げてくると、26cmのカワハギ!その後も21-26cmくらいのカワハギが5連発!!

SFはカワハギが大きくても安定感良く上げてきます。途中掛かった45cm前後のウマヅラも、比較的楽々上がります。
そのときのリール、『スティーレ』も良い仕事をしてくれました。(スティーレに関して書いた記事はこちら

5時半前に全体的に当たりがぱったり無くなり終了となり、結果4時間半で14匹と、パラダイスと呼ぶにはちょっと…な感じはありましたが、ほとんどが21-26cmと楽しめました!

スタッフ平賀釣行記~カワハギ14匹~

そして衝撃の事実が!!
小澤・樋口・齋藤・藤岡さんのパラダイスの経験は、11月末から12月中旬の出来事でした!
カワハギがまとまって、楽園ツアーご一行になってからなのでしょうか?

これからシーズンの一番良いときが始まるカワハギ!
皆さんもいかがですか?

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。 【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ 【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上! 【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事