【釣行日】 2016年11月2日(水)
【場所】 友部湯崎湖
【釣果】 ヘラブナ…18枚
【タックル】
・竿…シマノ『皆空13尺』
・道糸…オーナー『ザイトへら専用白の道糸1.0号』
・ウキ…俊作(中澤さんの私物をお借りしました)
・ハリ・ハリス…オーナー『バラサ80cm ハリ6号-ハリス0.4号』
ハリスの長さ→(上)35cm(下)43cm
・ウェア…シマノ『RA-017P GORE-TEX(R) ベーシックスーツ ライムイエロー』
・キャップ…シマノ『CA-065P ブレスハイパー+℃ニットキャップ ペリカンベージュ』
【エサ】→釣り方:両ダンゴの底釣り(バランスの底釣り、タナは共ズラシ)
『ペレ底』100ccカップ山盛り1杯+『ダンゴの底釣り夏』100cc+『ダンゴの底釣り冬』100cc+水200cc
※重くなるまで素早く混ぜ合わせる

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

山盛り1杯はこのくらいです

茨城県笠間市にある友部湯崎湖へ行って来ました。
友部スマートICを降りてすぐなのに周りには緑がいっぱいで、受付ではねこちゃんがお出迎えしてくれました♪

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

お出迎えにゃんこ☆

今回は、シマノインストラクターでマルキューのアドバイザーの、中澤岳さんに両ダンゴの底釣りを教えていただきました♪
中澤さんは底釣りが大好きで、教えてくれている時もそのワクワク感が伝わってきました。
なのにとっても理論的で底釣りの奥深さを感じました。

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

釣れましたよ♪

底釣りでも、ハリが底にどう付くかによってタナの呼び名が変わるんです。
私がこの日やっていたのは、「バランスの底釣りでタナは共ズラシ」でした。それを聞いたときに「難しい」というより、「面白い!!!☆」と思いました!!

今回は第9回目になる『月刊へら鮒』の取材釣行でしたが、9回目になっても新しいことだらけでより一層へら鮒釣りに面白さを感じました♪
やったことのない釣り方にもっともっとチャレンジしたいです(*^▽^*)

それからそれから、この日、湯崎湖では新ベラ放流があり、はじめて放流の様子を見学させていただきました!!大きいヘラが一斉に泳いで飛び跳ねる光景はテンションが上がりますね♪

私は放流場所から離れたところで釣りをしていたので、残念ながら新ベラは釣れませんでしたが、新ベラが暴れたせいか旧ベラの活性が上がり、放流後は体高があって綺麗な旧ベラが連発しました♪

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

新ベラがトラックに乗ってやってきました!

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

新ベラがトラックに乗ってやってきました!

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

おっきな新ベラ放流~!

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

それ~~~~!!

この日の釣行は、スローな展開(私の手返しが遅いせいもありますが…)で爆釣もしていないのですが、すっごくすっごく面白かったです。
底釣りについてまだまだ知識が足りませんが、魅力をいっぱい感じました!!

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

後半はダブルヒットが続きました!!すごい!!(笑)

もっともっと教えていただきたかったです(>_<)
すっごく勉強になりました!!中澤さん、ありがとうございました!!

詳しい釣行の様子は、『月刊へら鮒1月号』(12月1日発売)まで、楽しみにしていてください♪

スタッフ千鮎釣行記~ヘラブナ18枚~

ありがとうございました!!

そして!!!!まだ終わりません(笑)
湯崎湖さん、へら池の他に『レイクユザキ』というルアー&フライ専用の池もあるんです!
最近エリアトラウトをはじめた私としては、夢のような釣り場です☆例えば、午前中はへらで、午後はトラウトとか♪
是非足を運んでみてください(^▽^)

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

一生懸命勉強中です。元気と笑顔と気合いをもって、皆様をお待ちしております(^▽^) 【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ 【好きな釣り/魚種】 探し中!とにかく色んな釣りをやりたいです。(エギング、マルイカ、鮎友釣りかじってますが、まだまだド素人です) 【一番の大物】 カワハギ/27cm (まだまだこれからです♪) 【船酔い対策】 毎回寝不足なのでアネロンを飲んでいますが、海に出ると集中するのでおそらく船酔いしません。 (※二日酔いする方へ…頭が痛いときはとにかく緑茶!!気持ち悪いときはとにかく水!!迎え酒も効きますよ・笑)

関連記事