【釣行日】 2016年12月29日
【釣行時間】 7:00-13:00
【場所】 佐島沖
【船宿】 志平丸
【釣果】 カワハギ…16-26.5cm/20尾
【タックル】
・ロッド…ダイワ『極鋭カワハギ EX AGS ZERO』
・リール…シマノ『スティーレ101XG』
・ライン…PEライン#1.0
・仕掛け…シマノ『 吸わせ Stephanoカワハギ仕掛け 吸わせ ノーマル間隔 RG-KD1M』
・エサ…志平丸の生アサリ
【使用針】
ダイワ『D-MAXカワハギ 糸付き徳用SSスピード#7.0』
ダイワ『D-MAXカワハギ 糸付き徳用SSフック#4.0』
シマノ『Stephanoカワハギ糸付鈎 吸わせ フロロ 30本#7.0』
【集寄】
ダイワ『快適カワハギ集寄RV1.5号&2.2号』
ダイワ『快適カワハギ ヒラヒラスカート』

今年初の釣果報告は昨年末のカワハギ釣行をお伝えいたします☆

昨年どっぷりとハマってしまったカワハギ釣り。
素晴らしい(!?)店長や先輩の影響大ですf^^;

スタッフ石井釣行記~カワハギ20尾~

朝焼けの佐島沖

当日は年末ということで朝からお客さんが多く、満員での出船となりました。
午後から風が強く吹く予報でしたので『午前中が勝負!』と意気込んでおりましたが、あまり釣果は伸びず…。10時前後に時合いが到来しましたが、周囲の方と比べカワハギの”寄せ”が足らず、釣果を伸ばせず…orz

11時前で釣果は4尾…。

まずい…(;^_^A
(この日、店長から与えられたノルマは20尾)

すると予報通り南西の風が強く吹き始めました。
ここで食いが今一つだったカワハギが一気にスイッチON!
急に餌取りが増え活性が高まってきたことを確認しました。

―ですが、波・風が強まった影響で仕掛けを真っ直ぐにすることが難しくなりました。ここで潔く宙釣りに変更したことが奏功し、7連発(*´▽`*)
しかも、風が強まってからの方が良型揃いになりました。

波・風が強く絶えず仕掛けが動いている状況でも、カワハギの触りを感知できるタックルが釣果を伸ばしてくれました(^^)
極鋭カワハギ EX AGS ZEROは”1245″と比較的ティップ付近が柔らかい竿ですが、SMT+AGS+超軽量により感度がものすごいことも特徴です。宙でもこの感度を利用し、波でばたついた中でもしっかりとカワハギの口に針を残してくれます☆

スタッフ石井釣行記~カワハギ20尾~

最強コンビです(´Д`)

この日、リールはシマノのスティーレ101XGを使用しました。
ダイワ+シマノのコラボは賛否両論ですが(苦笑)HGN搭載のシマノリールは巻き上げ力が段違いです!!深場の良型カワハギも楽々巻き上げることができます♪しかもスティーレならドラグ調整が容易なため、いきなりの大物や不意な高波にも迅速に対応できるメリットがあるんです(^0^)vこの日も全体にバラしは多めでしたが、ドラグファイトのおかげでバラしは1尾のみ。

そんなこんなで道具の性能に助けられつつ釣果を伸ばし、終わってみればノルマ達成の20尾!!!ラスト2時間でなんとかなりましたf^^;
この日はトップで41尾!当店常連様のI田さまでした。

深場がメインですが、まだまだ食いが立つ時合いもあり佐島沖は楽しめそうです(^_-)-☆

スタッフ石井釣行記~カワハギ20尾~

私の最大魚26.5cm。もちろん肝パンでした♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事