【釣行日】 2017年1月10日
【釣行時間】 7:00-15:00
【場所】 東京湾(走水沖)
【船宿】 太田屋
【釣果】
・タチウオ…2.5-4本クラス/7尾
・サバ…36cm/1尾
【タックル】
・ロッド…テイルウォーク『ソルティシェイプダッシュSPJ632』
・リール…ダイワ『タトゥーラ103XXHL』
・ライン…ダイワ『UVF SWセンサー+Si #1.0-200m』
・針…オーナー『太刀シワリ』
・ルアー…CLUE『BASE160g』
【使用ルアー】
ヨーヅリ『ブランカ150g』
ジャッカル『アンチョビメタルtypeIII 160g』
シマノ『 オシア スティンガーバタフライ センターサーディン200g』
スミス『CBマサムネ135g』

新年初の釣行は”東京湾のタチウオ釣り”にて釣り初めしました(^^♪

冬季のタチウオは夏場に比べ、脂のノリが増すので多少の寒さは気になりません!!
(ただの食い意地です)

肝心の海峡は年末年始で好不調の波があり、今一つ読めない状況でした。
前日は強風のため出船中止の船宿が多く、ある程度リセットされた釣り場になっていたのですが…。

船宿は金沢八景の太田屋さん。
この時期はタチウオと青物のリレーで釣り人の欲張りに答えてくれる船宿さんです(*^^)v 冬の東京湾は”サワラ”の顔を見れるので、準備は抜かりなく整えておくことをオススメいたしますm(__)m

漁場はこの時期定番の走水です。
水深は60-70m前後ですが、東京湾は潮の流れが強いのでジグは120-160gを揃えておきたいです。

この日は魚探に反応は出るものの、なかなかタチウオも口を使わせることが出来ず釣果は思ったほど伸びませんでした。
それでも流せばポツポツと船中で誰かは拾っていける状況でした。

スタッフ石井釣行記~タチウオ7尾/サバ1尾~

この日キャッチした4本クラス。炙りの刺身でいただきましたよ。

スタッフ石井釣行記~タチウオ7尾/サバ1尾~

竿はスローピッチ用ですが、#2パワーなので深場のタチウオにぴったりでした(^◇^)

私のヒットパターンは、ジャークとフォールでちょうど半分でした。
とにかくアタリが出ないパターンは即変更で、タチウオに飽きさせないように誘うことを心掛けました。

昼を境に完全にタチウオの反応が無くなったため、青物狙いにシフトです。
やはり走水中心で狙う水深は50m前後。そのままのジグでも良いですが、ワラサやサワラを狙うにはロングジグに変更したいところですね(*^^*)

スタッフ石井釣行記~タチウオ7尾/サバ1尾~

ロングジグの定番CBマサムネ。フォール中に鯖がバイトしました。

しかしこの日は青物のご機嫌も良くなく、今一つの釣果で終了しました。
それでも私は真鯖をキャッチ♪この時期の東京湾の鯖は脂がノリノリで絶品なので是非とも持って帰りたいですね(*^^*)
船中では130cmオーバーのドラゴンタチウオが青物狙いの時にキャッチされました(笑)午前中に釣れて欲しかったですね。

これからタチウオも終盤に向かっていきますが、ワラサ・サワラなどの青物狙いに移っていきます。中でもサワラは一度食べたら病みつきになりますので、狙っていただきたいですね(*^^)v

※東京湾の船宿推奨のフロントアシストフックは、パーツさえ揃えれば製作可能です♪ご質問があれば店頭のスタッフ石井までお気軽にお声掛けください。
ライン絡みが劇的に減り、通常のフックに比べ軽量になるためメタルジグの動きを阻害しないシステムになっています。オススメです♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事