【釣行日】 2017年1月6日(金)
【場所】 沼津
【釣果】 タチウオ…指4-5本/20本
【タックル】
・ジギングロッド…DAIWA『ST-BJ651XHBX』
・ジギングリール…シマノ『オシア コンクエスト200HG』
・タチラバロッド…シマノ『セフィアCI4+ Boat S608ML-S』
・タチラバリール…シマノ『エクスセンスC2000M LB』
・ライン…デュエル
・ルアー…ティムコ『タチラバ32g』クルー『ベイス 80g #107』カンジインターナショナル『フリースロー 80g #07』

釣り初めに行って来ました♪
ターゲットはタチウオ、駿河湾の夜タチウオです。

タックルはジギング用とタチラバ用(タチウオテンヤ)の2セットを用意して行きました♪
1月4日に同じく駿河湾でジギングをされたお客様から情報収集をして、メタルジグも準備万端でのぞみました!!

釣り初めなので、最初はやっぱりタチラバ(タチウオテンヤ)から本年の釣りをスタート!!
指示棚は40-30m付近。20mまでフリーで落とし、20mから40mまではレバーブレーキを使い、少しずつタチウオがいる層を探っていきます。
30m付近で「コツンッ!!」とアタリが。ここからが、タチウオとの真剣勝負!!
誘っては止めを繰り返します。すると竿先がグイッと海面に突き刺さるアタリが!!タチウオのテンヤ釣りは、ここまで竿が曲がらないとしっかりフッキングしてくれないんです。

※そして注意しなきゃいけない点は、例えばアタリが止まってしまったときに、すぐにリールを巻いて棚を変えないで下さい!!タチウオは近くで見ているため、ネチネチと誘いを入れて下さい。棚を変えるときは、竿ひとひろ分くらいで。

キター!!!思いっきりアワセます!!ドラグがジィーッと鳴り響きます。キッモチイー!!

※またまた注意する点が!!アワセるときは、リールは巻かないでください。万が一フッキングが決まらなかった場合、リールで糸を巻いてしまうと棚が変わってしまうため、追い食いしなくなってしまいます。矢敷はルアーマンのクセがあってリールを巻いてしまうため、手を後ろに組んでいます(汗)

スタッフ矢敷釣行記~タチウオ20本~

タチラバ(タチウオテンヤ)で釣りました♪

このドラグ音とこの引きが、たまらなくキモチイーんですよね♪誘って食わせているため、タチウオに勝った感も強いですし!!

しばらくすると、タチラバにはアタリがなくなり、近くでジギングをしていた方にガンガンアタリが!!
すぐにジギングにシフトチェンジ!!アタリ棚は20-30m付近。フォール中に食うとのこと。
ただこのフォールにはコツがあるんです!!それは…。

直接矢敷に聞いてください(#^_^#)

コツンッとアタリがあったら、集中的にネライます。そんなパターンを掴んだため、爆釣タイム突入!!
水深もあるため、釣れるサイズも指4-5本サイズがアベレージ!!元気いっぱいのタチウオちゃんのため、引きもスゴくて楽しいです♪

アタリがなくなったので、タチラバにシフトチェンジ!するとすぐにアタリが。でも何か変!!
デターー!!デカスルメイカ↓↓ それからは、スルメちゃんの猛攻撃!!

スタッフ矢敷釣行記~タチウオ20本~

スルメちゃんもデカイのが釣れます♪

自己最多記録の7杯。もっと真剣にやっていたら、余裕で2桁は釣れていました(汗)スルメちゃんはサイズがデカイので、とっても引いて楽しいですよ。でも、タチウオ釣りたいなぁ…。

22時過ぎからはタチラバでタチウオが釣れ出し、なんだかんだで20本くらい釣れたし、型も良くサイコーに楽しい釣り初めになりました(^▽^)ワーイ!

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

・釣りは最高の遊びで最高のいやし♪
・釣り場では知らない人でもすぐに友達になれます♪

【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ
【好きな釣り/魚種】 エギング、青物のトップ釣り(シーラやワラサ)、ジギング、バス
【一番の大物】
・アオリイカ/2.1kg(相模屋で私が一番です!)
・ブラックバス/53cm(O.S.P.のルアーで)
・スモールバス/51cm(野尻湖)
【船酔い対策】 アネロン最強です!
【悔しかったこと】 吉田さんにアオリイカを横取りされたこと(怒)

関連記事