【釣行日】 2016年1月24日
【釣行時間】 7:00ー13:30
【場所】 長井沖
【船宿】 貴雅丸
【釣果】 サワラ…80cm/2尾
【タックル】
・ロッド…メジャークラフト『ジャイアントキリングGKS-76M』
・リール…シマノ『02ツインパワー6000HG』
・ライン…よつあみ『G-soul SUPERJIGMAN X4 #2.5』
・針…オーナーばり『ST-56 #2』
・ルアー…ダイワ『サゴシー95S』

真冬の宝石”サワラ”を求めに釣行してきました(^^♪

この時期のサワラは脂のノリが一段と増し、別格の美味として有名ですよね。
(船宿の女将さんに話を聞いたら、お正月時は1匹10,000円だったとか…f^^; この時期のサワラは超高級魚になります。)傷みも早い魚なので、流通しないことも価値を引き上げていますねf^^; サワラに関しては釣り人が有利です(笑)

基本的にこの釣りはキャスティングとジギングの二本立です☆

  • 鳥山やナブラ撃ちならキャスティング
  • 魚探反応が出ればジギング

となります。少なくとも2セットは船に持ち込みましょう。

この時期のサワラ釣りが難しい理由はズバリ…、
『当日のサワラの動きが読めないから』
これにつきます…f^^;
前日釣れたから今日も…。なんて甘い話は少なく、当日のサワラのご機嫌にいかに合わせられるかが大変です…。

ということで、相模湾のサワラ釣りに定評のある”貴雅丸”さんにお世話になってきました。

風が強い日が続いていましたが、この日は幾分収まる予報で期待が持てました(それでもバチャバチャでしたが…)。

基本的な流れはマグロやシイラ船のキャスティングと変わりありません。
サワラキャスティングの定番は、シンキングミノーによる巻きがメインです。動作もただ巻きだけで良いので、釣り自体は単純です。

サワラの回遊性は非常に高いので、ミヨシじゃなくてもチャンスの高い釣りです。当日も胴の間で1本獲りました(^^)vとにかく投げまくってチャンスを増やすことが大事です。
↑当店常連のお客様からアドバイスをいただきましたm(__)m

スタッフ石井釣行記~サワラ80cm/2尾~

納得のサワラサイズGET~!

スタッフ石井釣行記~サワラ80cm/2尾~

今回のMVP。ベイトサイズを合わせたことが奏功しました(^^♪

3~4度ほど時合いがあり、そのチャンスを生かして念願のサワラを釣ることが出来ました。先に釣っていた方から『サワラが吐き出したイワシが小さい』とのことで、タックルハウス『フリッツ42g』→ダイワ『サゴシー95S』に交換しました。これが奏功し、あっさりとバイトを得ることが出来ました(^◇^)
全身トロの脂肪だらけの魚ですが、意外と引くので注意が必要ですね(笑)高級魚なこともあって、ファイトは本当にハラハラします(;^_^A

そんなこんなで、念願の真冬のサワラを釣ることが出来ました。
当然、脂はノリノリで捌いたら大変なことになっていましたf^^; 全身トロ状態なので、どこを食べても大変美味です☆脂はすごいですが、サワラの脂はまったくくどくなく、すっきりとしているので何枚でも食べられちゃいます(*^▽^*)
食べたことのない方にはぜひ味わっていただきたい魚です。

スタッフ石井釣行記~サワラ80cm/2尾~

釣り人の特権刺身。当然、美味しすぎです(*´Д`)

まだまだサワラゲームは開幕したばかりです。
春までの間にぜひ高級魚ハントに出かけてみてはいかがでしょうか(^^♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事