【釣行日】 2016年2月15日
【釣行時間】 06:30-13:30
【場所】 神奈川県厚木市
【船宿】 厚木へら鮒センター
【釣果】 へらぶな…15枚
【タックル】
・ロッド…シマノ『特作 伊吹8尺』
・道糸…サンライン『パワード へら道糸 奏 0.6号』
・ハリス…(上)0.5号-7cm(下)0.3号-40cm
・ハリ…(上)グラン5号(下)オカメ2号
・ウキ…『仁成作 4番』(PCムクトップ)
・エサ(バラケ)…『粒戦』50cc+『粒戦細粒』50cc+水150cc+『GTS』100cc+『セットアップ』100cc+『セット専用バラケ』100cc
・エサ(くわせ)…『感嘆(さなぎ粉入り)』10cc+水10cc

私、スタッフ高窪、お客様の久保田様、メーカーの営業さんの4人で厚木へら鮒センターさんに行ってきました。

スタッフ木村釣行記~ヘラブナ15枚~

朝は気温が低かったものの、日中は暖かくなり快適に釣りができました

この日、私は初めての抜きでのセット釣りに挑戦。バラエサの付け加減に試行錯誤すること1時間…待望の一枚が

スタッフ木村釣行記~ヘラブナ15枚~

その後も抜くタイミングを変えながらポツポツと釣れ、その日の釣果は15枚。私は予定があり1時半に終了し帰宅したのですが、この後に活性があがりよく釣れたとのこと。

後日、厚木へら鮒センターさんのブログにて確認したところ、この日の平均枚数は20枚前後。お客様の久保田様は40枚、スタッフ高窪30枚、さすがの釣果でした(*^▽^*)

この日の竿はシマノ『特作 伊吹8尺』、シマノ『飛天弓 皆空9尺』を(久保田様の竿をお借りしました)を使用しました。

それぞれの使用感ですが、まず『伊吹』は釣っていて楽しい!しなやかな曲がりでへらぶなとのやりとりをじっくり味わえる、釣る楽しさを倍増させてくれる竿でした。魚が掛かると引きに合わせ竿がしなやかに曲がり、竿を立てていると魚が暴れずにスムーズに浮いてくる。見た目のやわらかさからは想像ができないくらいのパワーがあり、大型のへらぶなもすんなりと浮いてきました。小型だと思ってやりとりをしていたら、釣れたのは意外にも大型!?なんてことも度々あり、竿本来の性能の高さを感じました。

次に『皆空』を使用し感じたのは、軽さと操作性の良さ、そしてまるで竿が自分の腕の延長にあるような自然な感じ。エサも振り込みやすく、へたっぴ(笑)な私でも思うところに振り込みができる。パワーもあり、魚を掛けてから終始、釣り人側が主導権をにぎりやりとりができる感じでした。

どちらの竿も異なる魅力が満載でした。是非、この2本、店頭で伸ばしてその実力をご体感ください。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

関連記事