【釣行日】 2017年3月24日(金)
【釣行時間】 06:00-15:00
【場所】 石取根
【船宿】 ひがし丸
【釣果】
・口太メジナ…30-40cm/大漁
・尾長…35-38cm/2匹
【タックル】
・ロッド…がまかつ『マスターモデル口太T-53』
・リール…DAIWA『トーナメントISO Z 3000LBD』
・ライン…サンライン『ビジブルプラス3号』
・針…がまかつ『ボイルグレ』『掛かりすぎ口太』『競技口太』
・エサ…マルキュー『爆寄せグレ』『グレパワー』『遠投フカセTR』『アミドリップ』

久しぶりに下田沖へ行って来ました!渡礁したのは空いていた石取根の田牛(とうじ)向いというポイント。
9時過ぎまで下り潮ですが、干潮からの上げ潮を期待して渡りました…が…10時になっても上がり潮が来ません!(涙)その間、一度もアタリ無しで完全ボーズ!途中あまりの釣れなさに寝てしまいました(汗)

しびれを切らし本場側へ様子を見に行くと、西からの大ウネリで大ザラシ、潮目が出来て良い感じ♪本場で竿を出す2人もポツポツとイサキ・メジナを釣り上げていました。
そこで誰も居ない本場右へ移動、波が高いのでかなりの高場から竿を出しました。

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

本場右

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

本場右から見た本場

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

当日の配合餌

すると1投目からメジナがヒット!続けて2投目もヒット!
それから何回か餌を盗られたので、魚は浮いていると判断し、タナを浅くしてハリスを詰めるとまたヒット!沖に潮目があるので狙うと連続ヒットしますが、沖や仕掛を深く入れすぎると、イサキやややサイズの小さいメジナばかりになってしまいます。

そこで海中をよく観察すると、サラシの下、ハエ根の上に大量の型の良いメジナがマキエにつられて浮いてきています!そこで更にハリスを短くし、ウキを固定し、ハリスにガン玉を段打ちし、徹底的にサラシの下、磯際狙いに変更すると35-40cmまでのメジナが入れ食い!

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

田牛向かい

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

荒れる田牛向かい

あまりの入れ食いにワンパターンになったので、少し飽きて型狙いに変更。
朝の田牛向いというポイント前で漁をしている漁船が西へ流れていくので上がり潮が来たのを確認。更なる大物を求めて12時過ぎに再び田牛向いへ移動しましたが、こちらも朝と違って入れ食い状態でしたがサイズアップはしませんでした。

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

釣れた魚は、水たまりに入れて流されてしまった分(入れ食いなので気になりませんでした・笑)とリリースした分を含めれば、50枚以上釣れたと思います。一応自分で持ち上げられる分だけバッカンに入れたら25枚ありました。
釣れたメジナは白子・卵を持っており、脂も乗って美味しそうな感じでした。(イサキはガリガリでちょっと…)

今年は関東地方のメジナはどこも絶好釣ですね♪水温もまだ14℃台なので、シーズンがロングランすれば良いですね♪

P.S.
先日、こちらも今シーズン好調の神子元島への渡船『ブラックエンゼル磯治丸』の渥美洋介船長が、当店へお客様と一緒に来店されました♪
神子元島へ行ってみたいお客様は、田牛の『三軒屋』さんもよろしくです~♪

スタッフ小澤釣行記~口太メジナ大漁・尾長メジナ2匹~

磯治丸の洋介船長

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。 伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!? ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑) 【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ 【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪ 【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです) 【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事