【釣行日】 2017年5月12日(金)
【釣行時間】 5時~12時
【場所】 田貫湖
【釣果】
・へら鮒7月号にて♪
【タックル】
竿: ダイワ【へらF 16尺】
道糸: ダイワ【スペクトロンへらXP道糸 1.2号】
ウキ: 阿吽【深宙用(カヤ)パイプトップ/カーボン足No.10】
上バリ: ダイワ【D-MAXへらV糸付き パワーマルチハリ7号ハリス0.6号】長さ30cm
下バリ: ダイワ【D-MAXへらV糸付き パワーマルチハリ5号ハリス0.6号】長さ50cm
※外通し仕掛け
オモリ:ナス型オモリを半分にカット
VARIVASカラミ止めオモリも使用。
【エサ(グルテンセット)】
・バラケ
【底グルダンゴ】120cc +水120cc 混ぜてから2~3分放置
→ここに【深宙ダンゴ】120ccを加え、熊手で混ぜ合わせて完成
・クワセ
【シルキーマッシュグルテン1】30cc+【シルキーマッシュグルテン2】30cc 水90ccを240ccの計量カップに入れて蓋をし、シェイクする。水っぽい音がなくなって固まってきたら3分ほど放置して完成。
※その塊を逆さにして使う分だけボウルに移す。クワセとして使う場合、残りは蓋をしてバッグに入れておくと乾燥を防げて一日使える。
【GINKAKU】
PS G-084スーパーギンカクスリム
G-090ギンカクサイドテーブル
G-097ギンカクへら万力
G-063セフティ・ステップ
G-231ギンカクオールインへらバッグ
G-005サイドハンガー(S)
S-073-04一本足590
S-073-06一本足短足35
【ウェア類】
ダイワ:DR-3007レインマックスデタッチャブルレインスーツ(イエローボーダー)
ダイワ:DC-7407撥水ミリタリーワークキャップ(グレー)

静岡県富士宮市、朝霧高原の一角にある田貫湖へ行って来ました(^^)/
昨年のリベンジ釣行です♪
(2016年7月田貫湖釣行 http://sas-sagamiya.com/catch/staff/11883/

昨年の初田貫湖では洗礼を受けてしまい、富士山を拝むことができませんでした。

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

濃霧だったけど、それはそれで幻想的♪

今回も生井澤聡名人にお世話になりましたよ♪
そして、早速ブログにもアップしてくださいました(*^▽^*)
↓↓ご覧下さい↓↓
https://ameblo.jp/namaizawa-satoshi/

果たしてリベンジは成功したのか!??富士山は見れたのか!??

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

朝焼け

気になるところかと思いますが、詳しい釣行内容は6月1日(木)発売予定のへら鮒7月号をお楽しみに(*´▽`*)

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

釣れた!??

釣行後は生井澤さんオススメスポットを案内して下さいました☆
今月28日(日)まで開催している、『2017富士芝桜まつり』です(^^)/

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

ドピンクが見頃ですよ♪

こちらも生井澤さんがブログで紹介してますよ♪
https://ameblo.jp/namaizawa-satoshi/entry-12274219182.html?frm_src=thumb_module

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

実は、キャップがお揃いでした(笑)

皆さんも是非行ってみて下さいね。
田貫湖周辺にはこのほかにも道の駅や花鳥園があります♪
まだ行ったことがない所ばかりですが、生井澤さんはいつも午前中で釣行を終えて観光するそうです。
私も次回はそのプランでまた田貫湖へ行きたいと思います!(^^)!

さて、釣行内容はご紹介できませんが、昨年の田貫湖釣行で生井澤さんに教えていただいた内容を一部ご紹介致します。

釣台を使った野釣りで注意すること

◆竿が木の枝に当たらないか確認する!

釣り座を選ぶ際には、その日自分が使用する竿を継いで、釣台に座り、腕を上げた長さを想定して竿を上げてみる。また魚をバラして仕掛けが飛んだ場合も想定する。
※週末は特に混み合うので隣との感覚も考慮しましょう。

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

竿が当たらないかチェック

◆釣台が水平になるまで調整する!

早く釣りがしたいからといって焦らず、釣台に座って違和感がないか確認することが大事。
少しでも斜めになっていると体への負担はとっても大きいんです。

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

安定感をチェック

◆虫除けスプレーをすること!

田貫湖に限らず自然の多い釣り場にはブヨがつきものです。
快適に釣りをするためにも虫除けスプレーをしましょう。
自分の体だけじゃなく、釣台の足回りにもスプレーをしましょう。

◆水辺では自動膨張式ライフジャケットの着用を推進致します。

何があるか分かりません。ぬかるんだ足場では足を滑らせて落水する可能性がありますし、減水している湖では落水してから上ることが困難な場合もあります。
これから水難事故は増えていきますので楽しい釣行で終えるためにも過信せず安全を考えて釣行して下さい。

スタッフ千鮎釣行記~田貫湖・ヘラブナ~

私は腰巻タイプを着用しています

皆さんのご参考になればと思います(*^▽^*)
釣りのしやすい時期になりましたので楽しく釣行しましょう♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

一生懸命勉強中です。元気と笑顔と気合いをもって、皆様をお待ちしております(^▽^) 【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ 【好きな釣り/魚種】 探し中!とにかく色んな釣りをやりたいです。(エギング、マルイカ、鮎友釣りかじってますが、まだまだド素人です) 【一番の大物】 カワハギ/27cm (まだまだこれからです♪) 【船酔い対策】 毎回寝不足なのでアネロンを飲んでいますが、海に出ると集中するのでおそらく船酔いしません。 (※二日酔いする方へ…頭が痛いときはとにかく緑茶!!気持ち悪いときはとにかく水!!迎え酒も効きますよ・笑)

関連記事