【釣行日】 2017年5月23日
【釣行時間】 06:30-12:00
【場所】 茅ヶ崎港
【船宿】 ちがさき丸
【釣果】 ムギイカ…22杯
【タックル】
・ロッド…ダイワ『極鋭マルイカレッドチューンM-140』
・リール…ダイワ『スマックレッドチューン』
・スッテ等…ヤマシタ『ピッカピカ針8cm』ダイワ『MDスッテ37S』

連休は続けて佐島。1日おいて日曜・月曜と、佐島でシロギス教室と湯澤名人のマルイカ講習会。そして翌日お休みだったので佐島へマルイカ狙い…。1週間のうち、5日間も佐島へ行ってしまいました(笑)

ところが当日、佐島へ到着すると船宿さんが開いていない(汗)予報が悪く出船中止とのこと。
幸い時間が早かったので、地元の茅ヶ崎なら出船すると重い、急きょ茅ヶ崎港へ。ちがさき丸さんへ到着すると、案の定出船するとのことで、茅ヶ崎からマル・ムギ狙いで出港しました。

スタッフ小澤釣行記~ムギイカ22杯~

スタッフ小澤釣行記~ムギイカ22杯~

スタッフ小澤釣行記~ムギイカ22杯~

朝一はエボシ岩の沖、水深50-60mで始めると、二投目でムギの3点掛け。しかしその後、反応はあるものの乗らずで江ノ島へ移動。
29mの浅場では何も釣れず、やや沖の60m付近へ…。しかし反応見つからずクルージング状態。かなり時間が経った頃、石塚光洋船長がピンポイントでムギの反応を見つけ、ソナーを使ってドンピシャで反応に当ててくれ、3連・4連で流し替えのたび連発!

スタッフ小澤釣行記~ムギイカ22杯~

スタッフ小澤釣行記~ムギイカ22杯~

ただ群れの移動が速いので、1回しか道具を下ろせません。
そこで、オモリをダイワのタングステン製ドラゴンシンカーへチェンジして、少しでも着底を速くしようと試したところ、2回目・3回目が出来た流しもありました♪

強風のため12時に早上がり。ムギイカオンリーで数も22杯でしたが、数日前にはマルイカ含みで80杯以上釣れた日もあるので、湘南のマル・ムギも今後に期待ですね♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。 伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!? ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑) 【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ 【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪ 【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです) 【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事