【釣行日】 2017年7月18日
【釣行時間】 5:00-14:00
【場所】 伊豆南沖
【船宿】 森竜丸
【釣果】 カツオ…1匹
【タックル①】
・ロッド…シマノ『オシアプラッガー フルスロットルS77M』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW8000HG』
・ライン…よつあみ『G-soulスーパーキャストマン BLUE SPECIAL WX8#4.0』
・針…オーナーばり『ST-66#2/0』
・ルアー…ダイワ『 ソルティガ ドラドペンシル RS 16F』
・使用ルアー…ダイワ『ソルティガドラドスライダー18Fヒラマサチューン』、HAL『ハルシコ105 35g』

【タックル②】
シマノ『グラップラーS68L』
シマノ『15ツインパワーSW5000XG』
呉羽化学工業『シーガーPEX8 #2.0』

今シーズン3度目のキハダゲームに挑戦してきました(/・ω・)/
7月初旬の釣果に比べると下がり傾向ではあるものの、ほぼ毎日相模湾の船宿のどこかでキハダが水揚げされている状況です。新群れの登場も予測がつかず、まだまだ挑戦できる状態が続いております♪

今回も漁場は伊豆南沖。船宿は網代港の”森竜丸”さんにお世話になりました。
※キャビン内がカスタムされており、冷房完備で寝床があるので最高です( ˘ω˘ )Zzz

この日は海がご機嫌斜めということもあり、前半3時間はコマセ係となり寝込んでおりました…(苦笑)
体調が戻り、海も回復した9時過ぎに再スタート!

魚探反応の良い場所を誘い出して探っていきますが、なかなかキハダの姿が見えず。途中、大型のシイラやメジを同船していた方がヒットさせるもなかなかキャッチが出来ない時間が続きました。

ある時間からカツオナブラが増え、距離も届く射程内だったため―。
キャスティングタックル→スキッピングタックルに変更

これが奏功し、スキッピングでアプローチをするとカツオがバイト!!

カツオはハルシコ105にて(^^♪

久しぶりの青物の引きを楽しみつつも、絶対にバラさないよう慎重にファイトを制し3ヶ月ぶりの青物をキャッチ( ;∀;)

だんだんとカツオナブラも距離を取り出し、アプローチを許してくれない状態に。。カツオの下に居るであろう、キハダも上ずらず帰港しながらの展開に―。

島回りも丁寧に誘い出しを行いましたが、反応を得られず撤収の気配が濃厚に…。

乗船者は帰着に備え片付けを終え、休憩に―。

私と友人は諦められずミヨシで談笑しながら、来るべきナブラを待ちました。

これが神様に伝わったのか、帰着前にスーパーボイル祭りが突如として開催!!!跳ねた場所が場所だけに驚きでした( ゚Д゚)!!

いの一番にアプローチしましたが、脚が早く捉えられず。。
この時点でさっきまで寝ていた皆さんもミヨシ周辺で竿を構えていました(笑)釣り人スイッチが入ると迅速です( ゚Д゚)

何度もキハダを追っかけまわして、あの手この手を試すもバイトまで至らず。20~30kgの群れがルアーを船元までチェイスするのですが、どうしてもバイトまで持ち込めません( ;∀;)
最後の最後まで全員で手を尽くしましたが、この群れでキハダを獲ることは出来ませんでした。

湾内でも突如としてスーパーボイルに遭遇することも多いので、ここはめげずに通ってヤツらをキャッチしたいところですね♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今回の釣行で使用したロッドについて―。

今年の新製品として登場した『オシアプラッガー フルスロットルS77M』

”近海ゲームのオールラウンダー”

アンダー、サイド、オーバーヘッドキャストのすべてに高次元で対応し、扱いやすい7′7″レングス。釣り座やポジションを問わない優れたキャスト精度は、乗合船でのナブラ撃ちにも威力を発揮。また操作性が高く多彩なルアーアクションを得意とし、ヒラマサ、ブリ、30kgクラスまでのキハダなどに活躍する。リールは5000~14000番がベストマッチ。※メーカーHPより抜粋

私のように上背もなく、体力もそれなりのアングラーですと5~6番8ftのマグロロッドを扱うのはかなり大変です。タックルのパワーに負けてしまい、飛距離を落としてしまうだけでなく、重量に負けて釣りを続けることも辛くなります。

このフルスロットルS77Mは長さこそ短い表記ですが、有効ブランク長は8ftクラスの他メーカー品と同程度の長さを確保しており短さのデメリットを感じません。ローテーションによって胴の間になったとしても、アンダーキャストで触れるので一本で釣りを続けることが出来ます♪

コンセプト通り竿を曲げるだけで、面白いほど遠くにルアーが弾け飛んでいくフィーリングは病みつきになります(^_-)-☆テスターの椙尾氏曰く『RVガイドセッティングがド決まり!』がキモのようですね。
活躍する場面の多い竿なので、まだの方にはぜひともオススメしたい一本となっております♪

相模湾で遊べる2本です♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事