【釣行日】 2017年7月19日(水)
【釣行時間】 6:30~13:30
【場所】 茅ヶ崎港
【船宿】 ちがさき丸
【釣果】
・マルイカ…51杯
・ムギイカ…2杯
【タックル】
・ロッド…ダイワ『極鋭GAME MC-150 AGS』
・リール…ダイワ『トーナメントISO 3000LBD』
・スッテ…ダイワ『ミッドスッテ37S』、ヤマシタ『チビエビ3.5』

依然好調な湘南のマルイカ釣り、前回の73杯を越えるべく出撃!!
1投目茅ヶ崎沖50mでいきなりのマルイカダブル!次もすぐ1杯ヒット!

…しかし群れの移動が超早く、1回道具を降ろすと反応が抜けて後が続きません。
それでも最初の内は1投目で必ず乗って来たのですが、段々とイカが仕掛けを嫌うのか?船を避ける様になり、触りも無くなりクルージング状態。相模川河口沖へ移動するも、反応は魚探にバッリチ映るのですが触って来ません。
9時の時点でマルイカ8杯…。10時過ぎにやっとツ抜け…。「今日はダメか…」と思った矢先、今まで触りもしなかった同じ反応が、何かのスイッチが入った様にいきなり触り出しました!
ただかなり激しく叩いて叩いて、叩きまくってからステイさせないと触ってきません。その為釣れるインターバルがかなり長く、決して入れ乗り!という感じではありませんでした。
おまけに叩き過ぎて腕より手の平が痛くてたまりませんでした(笑)

この日は「極鋭GAME MC-150 AGS」にはトリガーが付いていないので試しにスピニングリールを使用していたので、ハンドルが現場で左右交換できるので、左ハンドル→右手が痛くなったら右ハンドルと交互に使ってました(笑)
カワハギでは自分は普通に使っているスピニングですが、イカ釣りではリーリング時(取り込み時)にたえず負荷を掛けてないといけないので(イカがバレる)スピニングでは巻き上げ時にハンドルが重くてたまりませんでした。
ただ自分はハイギアタイプを使っていたのでローギアタイプのリールなら良いかもしれません♪
スピニングタックルのメリットと言えば仕掛けの落下が速いのと、叩き時にガイドが当然下向きになるので穂先絡み等のトラブルが激減します。

さてさて、異例のロングランとなった湘南のマルイカ!魚探には広範囲に大きな反応がいくつもあります!
ただイカは突然居なくなる事も多いので、反応がたくさんある今のうちに釣行することをオススメします!
スタッフ小澤は今年は8月からマグロが始まっても、マルイカが釣れてる限りはマルイカ釣行です(笑)

PS.釣れる間隔が長かったので終了時に30杯ぐらいかな?って思ってたら、数えるとマルイカ51、ムギイカ2の合計53杯でした~。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。
伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!?
ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑)

【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ
【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪
【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです)
【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事