【釣行日】 2017年8月22日(火)
【釣行時間】 7:00-15:00
【場所】 東京湾
【船宿】 金沢八景 太田屋
【釣果】 タチウオ…F3.5-F4.0/2匹
【タックル】
・ロッド…テイルウォーク『ソルティシェイプダッシュSPJ632』
・リール…ダイワ『タトゥーラ103XHL』
・ライン…ダイワ『UVF SWセンサー+Si #1.0-200m』
・針…ヴァンフック『サーベルフッカー』
・ルアー…CLUE『BASE160g』、シマノ『ワンピッチ120g』

相模湾の女神がなかなか微笑んでくれないので、少し浮気に♪と東京湾のタチウオジギングに行ってきました( ˘ω˘ )

釣果の高低差はあるものの、エサタチは好調でジギングもトップ釣果も比較的安定しておりドラゴン捕獲情報もちらほら…。

期待に胸を膨らませて出船(^^♪
今回も金沢八景の”大田屋”さんにお世話になりました。

出船前に佐野船長より近況の説明がありました。
漁場やヒットしているメタルジグ・アクションなど、細かく説明があり非常にありがたいです(^_-)-☆

漁場は猿島周辺と観音埼。
最近、釣果の安定しているエリアです。
スタート場所の水深は40m前後

潮も効き始める前だったため≪シマノ≫ワンピッチ120gを投入。
コンパクトボディ+リア重心になので、この重さでも糸を立てながら釣りが出来ました!引き抵抗もそこそこ在るので、ジグの動きも把握し易く操作していて楽しいジグでした。
しかもなんとこの一投目でリーリング時にヒット(笑)
F3ちょいのアベレージサイズをキャッチできました(/・ω・)/

船中一匹目~♪

次のポイントは少し観音崎方面に南下。
ここは水深が深く60m。潮も効き始めたことでジグを重いもの(150g~200g)にローテーションしました。
※最近は狙う水深も深くなってきたので、重めにジグは必ず用意していきましょう。

しかし船中でも反応がなく、信頼の≪CLUE≫BASE160gにチェンジ!コンパクトボディなので、潮の早いときに重宝します♪
アクションは佐野船長から教えてもらった、緩いロッドアクションの移動距離も短めのピッチ。
すると竿先を海中まで引き込む豪快なバイト!
ドラグもじわじわと出され、なかなかサイズ。久しぶりのタチウオファイトを楽しみました(^◇^)
あがってきたのF4超えの良型タチウオ♪

BASE160gでゲット~♪

ここから長~い修行タイムがスタート…。
佐野船長も良い反応を探しに、移動を繰り返してくれましたが肝心の魚が口を使ってくれず苦戦…。
(この日はエサ船でも苦戦していたようです)

起き上がり直前、前日もドラゴンが釣れた八景沖に移動。
水深は20m程度なので、ワンピッチ120gと心中作戦。
反応が下から5mということで、少しキャストして細かくアクションさせ少しスライドフォールも入れながらアクションをさせました。するとホバリング状態のときにバイト!これがフックアップまで至らず、ジグにざっくりとキズが付けられ終了( ;∀;)

しかし、同行者の知人が終了間際に110cmのドラゴンをキャッチしてくれました(/・ω・)/タチウオジギング歴の最大サイズということで、記念の一本となりました♪
(ヒットジグはダイワのTGベイト120gでした)

知人はナイスドラゴンをGET(^^♪

―と、これにて沖上りとなりました。
釣果は厳しい結果となりましたが、久しぶりのタチウオジギングを楽しむことが出来ました( ˘ω˘ )

釣れたタチウオはさっそく炙りの刺身にして楽しみました(^^♪
これを食べるためにやっていると言っても良いくらい美味しいです♪

これからサイズが上がっていくシーズンになっていきますので、皆様もいかがでしょうか。当店が主催するタチウオジギング実釣会(詳しくはこちら)もございますので、併せてご検討くださいね☆

参加者募集中です!

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事