【釣行日】 2017年9月25日(月)
【釣行時間】 6:30-15:00
【場所】 相模湖
【船宿】 柴田ボート
【釣果】 ブラックバス…32-35cm/2匹
【タックル】
・ロッド…ダイワ『ブラックレーベル661MRB』
・リール…ダイワ『スティーズ100HL』
・ライン…呉羽化学工業『シーガーフロロリミテッド12lb』
・ルアー…O.S.P『ハイピッチャーMAX1/2oz』
【タックル:ディープ用】
・ロッド…ダイワ『ブラックレーベルSSS641LXS』
・リール…ダイワ『11カルディア2004』
・ライン…モーリス『デッドオアアライブフロロ3lb』
・ルアー…ダイワ『スキニーキック2-1/2″』
・フック…リューギ『インフィニホビット#3』
2.6gダウンショット
※オーナーばり『Wクレン#22』使用のダウンショットリグ。

久しぶりにスピナーベイトを巻きたくなり、相模湖へ出かけてきました(^◇^)ボートはいつも通り柴田ボートにて出船しました。

水温は朝20度~昼頃23度と完全に秋モードです。
ワカサギ釣りをする方もチラホラいらっしゃいました。

晩夏から初秋の本湖はフラット~ブレイクに絡んだベイトパターンが定番!

―ということで、ハイピッチャーMAX1/2ozCWでサーチしていきます(^^)/ボート屋周辺を数カ所チェックし、バンクにエサが乏しいように感じました。時折、魚探にベイトが映し出されたりハスが沖で泳ぎ回っていました。

モーニングバイトはワンド入り口の岬を、深い方から浅い方に向かってスローロール中に出ました(^^)/しかし、ブレードバイトだったようでフックアップせず^^;

そのまま流し続け、今度は3m→5mの駆け上がり付近にベイトとバスのような反応を発見!ボートポジションを整え、反応があった場所にハイピッチャーMAX1/2ozスローロールで通すと…

ガコンッ!
と気持ちいいバイト!600g前後の回遊バスをキャッチ(^^♪

レギュラーサイズ♪

魚探をかけ続けるも、一等地以外はベイトの反応が薄かったです。

『このエリアもダメかな』

と流していると、6m付近に魚探の良い反応が!

今度はダウンショットリグでのシューティングです。
※ディープダウンショットリグにはオーナーばり『Wクレン#22』が外せません♪糸ヨレが激減で感度も向上するので、おすすめのアイテムです(^^)/

これもすぐにバイトがあり、キャッチに成功しました☆
ディープのベイトフィッシュについている回遊系バスは素直でたまりません( ^ω^ )

上顎だと気持ちいいです(^^)/

―と、この二つのスポットで回遊バスを取っていく予定でしたが、陽が昇り・風が吹き出すと…先ほどまであったベイト反応が無くなり、タイミングを変えても魚探に映らなくなってしまいました…orz

活性もどうやら下がってしまったようで、その後はスローロールのブレードバイトが数回在った程度で終了となってしまいました…(;´Д`A “`

スローロール効きますよ(^^)/

もう少し回遊しているベイトがまとまると連発で釣り易くなりそうですね。秋はベイトフィッシュの行動も広範囲になるので、魚探は欲しいところですね。

この水温ならまだまだバスは遊んでくれますので、ぜひ相模湖へ出かけてみてくださいね(^^)/

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事