【釣行日】 2017年12月4日
【釣行時間】 7:00-13:00
【場所】 腰越沖
【船宿】 池田丸
【釣果】 カワハギ…12-22cm/17枚
【タックル】
・ロッド…ダイワ『極鋭カワハギEX AGS F1』
・リール…シマノ『ステファーノ101XG』
・仕掛け…オーナーばり『誇高カワハギ7.0号』
・エサ…アサリ
・その他…ダイワ『極鋭カワハギEX AGS ZERO』シマノ『スティーレ101XG』

少し前の釣果報告となってすいませんm(__)m

今回は初めての釣り場へ行ってみました(‘◇’)ゞ
場所は腰越港の池田丸さんにお世話になりました。
釣果情報を見ているとなかなか数が出ているようで、楽しめそうな釣況でした。

スタッフ石井釣行記〜カワハギ17枚〜

スタッフ石井釣行記〜カワハギ17枚〜

この時期になると出船前は暗く、寒くて少し辛かったですが富士山と江の島のパノラマを見ながらで景色を楽しめます。

ポイントは港から近く5分ほどで到着。
水深は15m前後でスタートしました。

初めての釣り場だったので、なかなか1枚目まで時間が掛かりましたが弛ませで釣ることが出来ました(^^♪いつも釣っている魚でも釣り場が違うと、一匹目は嬉しいものですね♪

2匹目も弛ませで釣れたのですが、続かない雰囲気でした。
ここでスマートフォンの【Tankenmaru Smart】を起動すると宙にものすごい反応が( ゚Д゚)!!!!

底から50cmほど切ったところで誘っていると、すぐにガシガシとカワハギのアタリが出ました!!!しかし何度誘っても針掛かりまでが遠い…。釣れているサイズを見るとワッペンサイズ…(汗)

ここからワッペンサイズとの格闘が始まりました(笑)
なにせほぼ毎投でエサが取られ、水管だけでもバリバリ食いの好反応っぷりでした(;´Д`)

スタッフ石井釣行記〜カワハギ17枚〜

スタッフ石井釣行記〜カワハギ17枚〜

極鋭カワハギEX AGS ZEROではなかなか掛けられない状況が続き、極鋭カワハギEX AGS F1に変更したことが奏功しここから数を伸ばしていくことが出来ました(^^)/

F1はZEROよりも先調子で硬めなので、仕掛けを細かく振ることができ針掛かりを促進しやすかったように感じました。
感度はもちろん素晴らしく、カワハギの接近や錘の擦れも手感度で伝わるので情報過多になる場面もありました(;´Д`A
私のようなカワハギ釣り受験生レベルでは、感度の使い分けが難しいですね(;´Д`A

スタッフ石井釣行記〜カワハギ17枚〜

中盤から潮が少し緩み、カワハギのコンタクトが減りました。
―と、ここで相模屋オリカラの『ピカイチくん25号』投入すると、またまたカワハギからのコンタクトが( ゚Д゚)!!!
ドーピングレベルでアタリが出始めたので、思わず笑ってしまいました( ̄д ̄)ここからほとんどピカイチくんを使用し続けました(笑)

そんなこんなでワッペンたちと格闘しているとあっという間に納竿となりました。

スタッフ石井釣行記〜カワハギ17枚〜

スタッフ石井釣行記〜カワハギ17枚〜

結果は17枚。トップ釣果は40枚とレベルの差を痛感しました(;´Д`A
道具に助けてもらわなかったらもっと酷い釣果だったでしょうね(笑)
20cmアップも何枚か混ぜることが出来、苦戦しましたがお土産はなんとかキャッチ出来ました♪

トップの方も同じ宙釣りで、やはり底から50cm付近を狙われていたようです。ハリはダイワ『D-MAXカワハギ 糸付き徳用SSスピード7.0号』をメインに使われていました。
アタリを出せても掛ける技術が足りないですね。まだまだ修行が必要です( ̄д ̄)

まだまだ海水温が高く、今シーズンのカワハギ釣りはロングランで楽しめそうですね。
ピカイチくんの効果を体感していない方はぜひお試しください。人気カラーや点灯パターンはすぐに欠品してしまいますので、お早めにお買い求めくださいね♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事