【釣行日】 2018年3月12日
【釣行時間】 8:30〜15:00
【場所】 埼玉県行田市 水城公園 しのぶ池
【釣果】 ヘラブナ…3匹、マブナ…1匹
【タックル】
・ロッド…凱『匠絆 忠相 11尺』
・ライン…ダン『へら名人鑠(れき)ハリス0.3号』、ダン『へら名人鑠(れき)道糸0.6号』
・針…上鈎 バリバス『OHスズ バラサ6号』、下鈎 バリバス『オカメ鈎0.8号』
・エサ…粒戦100㏄、細粒100㏄、セットガン100㏄、水200㏄、サナギパワー100㏄、セットアップ100㏄、BBフラッシュ100㏄


4月に発売予定のヘラ竿、凱『匠絆 忠相』を使ってきました。

水深は浅く、あまり短い竿だと厳しいとの情報をいただき(釣り場が通路の近くの為、通行する人がいると、へらぶなが岸から離れるようです)11尺でスタートしました。

釣り方はウキからオモリまでが60センチくらいの浅ダナのセットで、バラケは『粒戦100・細粒100・セットガン100・水200』の後に5~10分放置『サナギパワー100・セットアップ100・BBフラッシュ100』の配合でクワセは感嘆、力玉です。

バラケの配合は杉本智也さんに教えていただいたもので、セット釣りのバラケは鈎付けしにくいものが多いですが、この配合は付けやすく、調整も楽です。


さあ一投目、予想以上に振込みがしやすいです。風がまあまあありましたが、思ったところに仕掛けを持っていきやすい。仕掛けをつけずに振っただけではわかりませんが、かなり使いやすいです。数投するとサワリがでてツンときましたが空振り、ウキがなじんだあとバラケが完全に抜けてすぐにツンで1匹目がヒットしました。


先調子の竿なので、魚の引きが手首にくるかと思いましたが、これも予想外で、ある程度胴にのるせいか、引きがマイルドになる感じす。しかもへらを引き寄せやすく、主導権は釣り人にあるので、スレの場合でもグイグイ持ってこれそうです。是非、使ってみてください。この日はカラツンが多く、あまり釣果には恵まれませんでしたが、また機会があれば使ってみたいと思います。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

お客様の『楽しい釣り』をサポートしていきたいと思います。 【担当コーナー】 ヘラ・鯉、アユ 【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ、アオリイカ、ヘラ 【一番の大物】 カワハギ/31.5cm 【船酔い対策】 できるだけ寝る。家を出る前、早めに朝食をとる。

関連記事