【釣行日】 2018年4月20日
【釣行時間】 6:00-11:00
【場所】 相模湾 初島沖
【船宿】 小田原港 隠徳丸
【釣果】 青物…0匹(1バラし)
【タックル】
・ロッド…ダイワ『17キャタリナJ 62MS』
・リール…ダイワ『16キャタリナ 4000H』
・ライン…呉羽化学工業『シーガーPEX8 #3.0-300m』
・針…がまかつ『アシストフック 近海MS シングル#5/0』
・ルアー…シマノ『オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー』
【ライトタックル】
・ロッド…テイルウォーク『ソルティシェィプダッシュSPJ632』
・リール…シマノ『17グラップラー301HG』
・ライン…シマノ『タナトル8 #1.5-300m』
・リーダー…サンライン『トルネード ベーシック船ハリス 8号』

久しぶりに休日に風が無い日だったので、久しぶりに青物ジギングに出かけてきました(*^^*)

―とは言え、本命の外房は相変わらずの強風予報だったので近場の相模湾で出船しました。
船宿は今回も小田原早川港の隠徳丸さんにお世話になりました。
こちらは周年リクエストがあれば、ルアー青物で出船してくれる数少ない船宿さんです♪アクセスも非常に良く、当店でも利用している方が多いです(*^^*)

いざポイントに到着しましたが、跳ねや鳥山が無かったのでジギングがメインになりました。水深は60-90mが中心で、反応を見ながらドテラで流していきました。

風が無くて非常に釣りはし易かったのですが、いわゆる『凪倒れ』ってやつで、潮が流れておらず活性はすこぶる低い…(;´Д`)
反応があるポイントでもまったくルアーを追ってくる気配が無く、やばい空気に包まれました。

しかしイワシの反応と青物の反応があるポイントに撃ち換えるとすぐさま別のアングラーにヒット!これは時合いだと確信し、シャクリ続けていると…私にもヒット\(^o^)/
渋い状況だった為、あえてライトタックルを選択しジグが動きすぎないようにしました。慎重にファイトをしましたが、残り15m付近でポロリ…。バイトが水深40mほどから3度ほど有り、じゃれつくような感触からのヒットのため掛かりが浅かったことが原因でした。フックには魚のカンヌキがついていたので間違いないです(*_*;

―とこのまま見せ場が無く、ノーフィッシュにて沖上りとなりました。同船した方がイナダ1尾とショゴ1尾(2kg)を上げ、なんとか顔は見れたのですが…悔しい結果に終わりました。

本日も一匹が遠かった…(;´Д`)


下船後にお話をさせていただきましたが、潮流れが悪かったので水深が深い場所でも80-115gのジグで極力流れるように釣りをされていました。
魚の動きも船を避ける反応だったので、船から遠ざけていくような釣りが良かったようです。良い経験になりました。

しばらく青物釣れていないので、そろそろ顔を見たいところです。
次の休みも予報が悪いのですが、チャンスがあれば繰り出しますのでご期待くださいm(__)m

この日メインになったメタルジグ。

【17グラップラー301HGインプレッション】
今回ライトジギング用に17グラップラーを導入しました。
当店でも発売からとても人気で、幅広い釣りものに対応しながらも高スペックを搭載したリールです。いわゆる”鳥羽沖ライトジギング”に倣い、ラインは#1.5を300m巻きました。(そのままではキャパが大きいので2/3まで下巻きを行いました)

実釣した感触は非常に良く、もう一台欲しくなってしまいました(笑)

水深90mで水圧の掛かる状況でも、軽々と120~150gのセミロングジグを巻き取ることが出来ました。ピックアップ時もマイクロモジュールギアの恩恵で疲れ知らずでした。
HGNボディにより剛性も高いので、入力の強いワンピッチジャークでも全くゆがみも感じませんでした。CI4+ラウンドノブも握り易く、アクション・ファイトにおいて快適です♪何より見た目がGoodなんです(笑)
バラしてはしまいましたが推定1kg前後のイナダでもパワー負けもなく、逆に強すぎたため口切れになってしまった感が否めません(苦笑)想定外に巻き取りトルクがあったので、ドラグを緩めたのですがそれでも切れてしまいました…。

『相模湾や東京湾のジギングシーンで活躍します』
イナダやショゴのジギング、中深海ジギングではPE1.5号前後。
タチウオジギングではPE0.8~1.0号に変更すれば、一年中活躍してくるリールです。

初級者から上級者でも満足のいく仕上がりで中価格帯になっており、スタッフ石井イチオシの両軸リールです。タックル購入を検討中の方はぜひご検討ください。

タックルは2セットあると対応の幅が広がりますね。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事