【釣行日】 2018年5月9日
【釣行終了日】 2018年5月10日
【釣行時間】 22:00-04:30
【場所】 駿河湾 淡島沖
【船宿】 沼津港 秀丸
【釣果】 ムギイカ…15-30cm/34杯
【タックル】
・ロッド…ダイワ『鏡牙 AIR 63B-1S』
・リール…ダイワ『鏡牙 100SH』
・ライン…サンライン『PE1号 200m』
・仕掛け…ヤマシタ『浮スッテ 2.5号』

今、激アツの駿河湾ムギイカ釣りに行ってきました(^∇^)

今回、私の仕掛けは『ショート直結仕掛け』スッテは3本付けました。
1年に1回程度しかやらない為、面白さを見つけられずにいたのですが、今回はメチャクチャ面白くハマってしまいそうです♪

面白さ その1

★スッテの配色で、メチャクチャ釣果が変わる

最初の1時間位、私はアタリの『ア』の字もありませんでした。私以外は皆さん釣れていたのに…
皆さんが使っている色をマネすると、やっと釣れるようになりました。
スッテは、複数の色が必要なんだと実感しました。

面白さ その2

★ハンドル回転の強弱・スピードで釣果が変わる

ショート直結は、ハンドル回転の強弱でスッテを動かします。
そして状況により、ハンドルの回転スピード・イカを抱かす間の時間を変えていきます。
簡単に言うと、ジギングのワンピッチジャークをハンドルのみでやる感じです。
ハンドル回転スピードで釣果が全然違います。
私は、釣れなくなったら、釣れている方や、船長と同じリズムをマネしていました。
そうすると、釣れるんです!!

面白さ その3

★水面付近まで気が抜けません

船長から指示棚のアナウンスはあるのですが、ムギイカは水面付近で釣れる事があるので、ラインを全て回収するまでドキドキ感があります。

私は、60m付近〜35m付近でのアタリが多かったです。
ドスンっという重量感がハンドルに伝わり、釣りごたえがあります。
課題は、ツンっというショートバイトをいかに本アタリに変えれるかです!!

今回、私は34杯でしたが、上手な方は、前の週に『391杯』というとんでもない釣果を出しています。

ムギイカは、雨の日に爆釣する事が多いので、次回は、雨の日に行きます(^O^)/

ジギングタックルで出来ますよ(駿河湾最強タチウオジギングタックルは、ムギイカでも最強です☆)


この日の竿頭は、当店のお客様でした☆☆100杯越えです。流石です(^-^)v

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

・釣りは最高の遊びで最高のいやし♪
・釣り場では知らない人でもすぐに友達になれます♪

【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ
【好きな釣り/魚種】 エギング、青物のトップ釣り(シーラやワラサ)、ジギング、バス
【一番の大物】
・アオリイカ/2.1kg(相模屋で私が一番です!)
・ブラックバス/53cm(O.S.P.のルアーで)
・スモールバス/51cm(野尻湖)
【船酔い対策】 アネロン最強です!
【悔しかったこと】 吉田さんにアオリイカを横取りされたこと(怒)

関連記事