【釣行日】 2018年5月15日
【釣行時間】 6:30-12:00
【場所】 南沖 御蔵島周辺
【船宿】 網代港 森竜丸
【釣果】 キハダマグロ…24.2kg/1匹、本ガツオ…1匹
【ジギングタックル】
・ロッド…ダイワ『17キャタリナJ 62MS』
・リール…ダイワ『16キャタリナ 4000H』
・ライン…よつあみ『G-soul スーパージグマン X8#3.0』
・針…ダイワ『ソルティガ アシストフックSSシングル#2/0X』
・ルアー…Supplies『BlueJack METEO180g』
【キャスティングタックル】
ロッド…シマノ『オシアプラッガーフルスロットルS77M』
リール…シマノ『15ツインパワーSW8000HG』
ライン…よつあみ『G-soul スーパーキャストマン BLUE SPECIAL WX8#4.0』
リーダー…モーリス『VARIVASショックリーダー ナイロン80lb』
ルアー…ヤマリア『ローデッドF180』

【5月24日釣行動画追加】相模屋TV Vol6 『ついに捕ったスタッフ石井24.2kgキハダマグロ』
釣り人視点でのキハダマグロとの迫力あるやりとり!上がったときの感動!喜び!を是非、ご覧ください。

【動画URL】 こちら(YouTubeにリンクしています)
※音声が入っておりますので、再生環境にご注意ください。

先月末から絶好調の御蔵島沖に釣りに行ってきました。
ターゲットはもちろんキハダマグロ。
御蔵島沖は海峡図で見ても黒潮があたっており、5月でもキハダを狙うことが出来ます。当日も水温は23°で夏の水温になっています。

船宿は予約乗合の森竜丸さんにお世話になりました
片道は約5時間。往復で10時間オーバーの移動となりますが、森竜丸さんは前後のキャビンに寝台+エアコン完備(1号船)。ゆっくりと身体を休めて移動が出来ますので、おすすめの船宿ですよ。

初の御蔵島。断崖絶壁の光景で水中の地形変化の多いポイントが漁場となります。水深は60~300m付近を狙いました。
朝イチはやっぱりトップルアーの誘い出しからスタートしました。雰囲気が無かったので、2投で終了しジギングに変更。するとミヨシのアングラーに早速ヒット!!!いきなりキハダで盛り上がります。


-すると私のロッドにもバイトがあり、フッキングすると一気にラインが送り出されました。なんと朝イチからトリプルです。近海ライトタックルのためなかなか距離を縮めることが出来ませんでしたが、ハンドドラグで魚をうまくコントロールし浮かせていきました。
海面までおまつりを避け無事に上げることが出来、ギャフにて船内に引き上げられました。
文句なしのキハダサイズ(20kg超)で感無量でした(´;ω;`)
(帰着後の計測で24.2kgでした)

この日はヒットパターンにハマっている人は集中してバイト・キャッチがあり、キハダを4匹キャッチされた方も居ました。
捕食しているエサがイカなこともあり、横にスライドするメタルジグが有利な状況が依然として続いています。釣友は2WaySpikyタフ170gで3投連続キャッチ(キハダ2匹、カツオ1匹)。別の釣友は本気喰い過ぎて3ロスト。ふわふわと浮遊する時間を持たせた、ゆったりめのジャークが高確率でヒットを誘発していました。

終了一時間前から魚の反応が急に持ち上がってきて、そこらかしこでキハダの跳ねが見られました。誘い出しでもバイト・キャッチがありました。

この日はよい群れにあたったようで、メジサイズは少なくほとんどが20~30kgサイズのキハダで好調ぶりを味わうことが出来ました。


御蔵島沖は好調が続いており、まだまだチャンスありの状況です。
行けるチャンスのある方は絶対に行った方がよいです\(^o^)/
基本的に反応が沈んでいるのでジギング優位ですが、反応次第で誘い出しにも出るので両タックル用意していきましょう。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事