PickUp!
救世主の『カンジインターナショナル リスキーブレイス130g』バラしと同時に殉職しました(T-T)

【釣行日】 2018年5月16日
【釣行時間】 05:00-11:00
【場所】 駿河湾 富士川沖
【船宿】 由比港 神栄丸
【釣果】 タチウオ…指3本~3.5本/3匹
【タックル】
・ロッド…ダイワ『鏡牙AIR63B-1S』←駿河湾最強ロッドです。
・リール…ダイワ『鏡牙100SH』
・ライン…デュエル『PE0.8号 200m』
・ルアー…ジャッカル『アンチョビメタル TYPE-ZERO』CLUE『ベイス 100g 神栄丸カラー』ボーズレス『ノブナガ 100g』カンジインターナショナル『リスキーブレイス 100g・130g』

由比方面のタチウオジギングの時期に突入しました。
いつ行こうかと、毎日、神栄丸さんのHPを見ていると

なんと、ジャッカル プロスタッフの吉岡さんが乗船と書いてあるじゃないですかぁ!!!!!(///∇///)
ジギングはまだまだ素人な私は、勉強したくて行って来ました(^-^)v

後方、ブルーのウェアが吉岡さん(///∇///)

今回は釣果は二の次。
とにかく勉強しようと、シャクリ方をひたすらマネしていました。

シャクリ方は
★ワンピッチ(巻きスピードを、色々変えていました)
★2分の1シャクリ
★スロージャーク
とにかく、綺麗なフォームでシャクっていました。

移動中も、お話をさせてもらいました。
この日は、水面は濁っていたのですが、吉岡さんいわく『表面だけが濁っているだけだから。表面が濁っていると、光が中まで入らないので、水中は夜みたいな感じになっているんだよ!!!船長はそれがわかっているから、この濁り付近をさっきから攻めてるんだよ』
私は『なぜ水面だけが濁っているのが分かるのか?』と質問をしました。

私と同じように、なぜ?と思われたお客様は、写真つきでご説明しますので、矢敷まで直接声をかけて下さいね★

その他にも、

★捨て糸の太さ・長さの理由
★リーダーと捨て糸の結束の方法。なぜその結び方にするのかの。
★2分の1ジャークの変則バージョンと、その理由
★フロントフックのセッティング方法

★早い時間帯でダメなシャクリパターンでも、時間をおいて、もう一度、確認してみる。状況が、変わっているかもしれないから。

などなど、とても勉強になりました。

続いて、この日の釣果は…。
釣果は二の次と思っていても、気になってしまう(>_<)

回りは釣れているのに、私だけアタリのみ。
釣れませんΣ(ノд<) 回りで釣れている方達にも情報収集開始。 この日、ほとんどの方がヒットカラーはピンクでした。 私もピンクに変えましたが、それでも釣れませーん(T-T) リーダーを触ると傷が入っている。と言うことは、アタリすら取れてないって事です(>_<)

終了時間まで一時間を切りました。
ここで吉岡さんの言葉を思い出して、最初に使ったルアーを使うことに!!!!

すると、2本連続キャッチでタチウオちゃん釣れました(^-^)v

その後も1本追加☆

最後にバラしたタチウオちゃんはデカかった。竿先が一気に水面に突き刺さり、ドラグも音を立てていました。
リーダーが切れてしまい、バラすと同時にヒットルアーも海のそこへ(T-T)

救世主の『カンジインターナショナル リスキーブレイス130g』バラしと同時に殉職しました(T-T)

今回、勉強したことを復習したいので、近いうちに、リベンジ行ってきます☆☆

商品のお問い合わせ
  • 掲載商品についてのご質問
  • 掲載商品の在庫状況
  • 未掲載商品の取り扱い状況
  • イベント詳細・空席確認

など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※メールフォームからのお問い合わせには、多少お時間を頂きます。お急ぎの場合は、営業時間内に042-778-4995までお電話ください。
※イベント参加の申込みは、上溝番田店店頭のみでの受付となっております。お電話やメールフォーム、各種SNSからはお受け致しかねます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします