【釣行日】 2018年5月30日
【釣行時間】 7:00〜14:00
【場所】 ちがさき港内/相模湾 腰越沖
【船宿】 茅ヶ崎 ちがさき丸
【釣果】 マダコ…400〜1000g/4杯

・ロッド…メジャークラフト『スカイロード蛸 SKR-B72H/TACO』
・リール…シマノ『メタニウム Mg7』
・ライン…PE3号
・仕掛け…タコエギ
・オモリ…50号
・その他…手作りスズランテープシュウキ

初めてのマダコ釣りに行ってきました(^-^)
風もなく凪予報でワクワクしながら乗船。

まず始めに、ちがさき港内のポイントという事で急いで仕掛けを準備。
ちがさき丸では乗船料金にテンヤ一式が含まれてますが、まずはタコエギを付けセッティング完了。

始めてのタコ釣りに不安もありましたが、両隣の方はちがさき丸のタコ釣り常連さんで、「誘い方は、海底からオモリを5センチ上げる程度に細かく小突いてね。タコは縄張り意識が高いから、追い払おうと寄ってくるよ。重たいと感じたら、とりあえず思いっきり合わせるんだよ。そしたら一気に巻かないと、針に返しがないからバレちゃうからね〜」と心強いアドバイスを頂きました。

まず始めのポイントは、出船5分の港内の堤防近く水深5メートル。

仕掛けを投入し、言われた通りに海底を細かくコツコツと小突く…
根に引っかかる感じはあるが重たくはならず、少し遠投し小突きながら寄せてくる。するとズンッと重さを感じた。なんとなく合わせそのまま巻き上げてくると、水面から顔を見せたのはマダコ。
「そのまま抜き上げろー」という声援とともに取り込む事に成功しました。
人生初のマダコです(*´╰╯`๓)

右隣の山口さんは、テンヤの手繰りで手に感じる重さに集中し釣り上げてました。

左隣の方は、テンヤに豚ロースを巻いていて「豚の脂がタコを寄せるんだよ〜豚脂だけはあまり売ってないから肉ごと付けてる」と、テンヤにはカニというイメージしかなかった私には豚肉は衝撃的でした。

港のすぐ外に出たポイントに移動し、仕掛けをテンヤに変え水深25メートルを狙った時だった。
1杯目とは比べものにならない重たさを感じ、思い切り合わせ巻き上げた。リールがなかなか巻けない、バケツの水を引き上げてるようでした。
これはデカイ!!
船長が操縦席から出てきてタモを持ってスタンバイしてくれたが、タモ入れ寸前でバレてしまいました。
足の端に針が掛かっていたようで、船長から「重さを感じたら数回誘いをしてタコが完全に抱きつくから、それで合わせればバレにくいよ」とアドバイス。

船中でも水面バラしがあり、誰かがバレると「チャンスだチャンスだ!」と笑い声で船上が盛り上がりました。タコはバレてもすぐにまた掛かるようで、バレた人の両隣りはタコ強奪のチャンスらしいです(笑)

再度ポイント移動。腰越沖へ。

何度かテンヤでやっていたら根掛かりロストしてしまいました(-.-;)またまたタコエギにチェンジ。
船長お勧めお手製のスズランテープをつけてみました。
タコは少し上を向いてるようなので集魚効果があるようです(^-^)

水深15メートル。
最初にヒットしたタコエギで狙い続け、根掛かり?いや違う!一息ついて「えいっ!!」と合わせると、ズッシリした。
良型だ!今度こそ絶対バラさないぞ!と、船長がタモ入れスタンバイしてくれ、キャッチ!
なんとか1キロの良型を釣り上げる事ができました。

私のマダコデビュー釣りは、和気あいあいのなか釣りができ、顔を見れれば良いという目標を超え4杯も釣れ大満足という結果になりました。
トップの方はタコ釣り名手15杯!
船中合計なんと52杯というマダコ大漁の日に乗船でき良かったです♫

マニアックな釣りものですが、面白いですよ(^-^)ご釣行の際には、根掛かりが多いので仕掛けの予備は多めにお持ちください。

たこ焼きとても美味しかったです(^-^)

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

これから色々な釣りを覚えてスキルUPして、皆さんの釣りのお手伝いができるように頑張ります。1人で船に乗ることも多いので、見かけたら気軽に「カオリン!!」と声を掛けてください♪

【担当コーナー】 セールス
【好きな釣り/魚種】 カワハギ、ワカサギ、エリアトラウト
【一番の大物】 キハダマグロ/120cm・26kg
【船酔い対策】 釣行前夜アネロンに、出船前アネロン飲めば大丈夫♪

関連記事