【釣行日】 2018年6月7日
【釣行時間】 15:00-18:00
【場所】 相模川 高田橋上流部 
【釣果】 アユ…8cm-14cm/14匹
【タックル】
・ロッド…ダイワ『銀影競技 ナチュラルトレーサー NT90SC』
・仕掛け…シマノ『マスターフロロ完全仕掛け 0.2号』
・針…ダイワ『D-MAX 鮎SS ワンデイパック フロロハリス ミニマム 3本イカリ 6.5号』

鮎友釣り2年目突入!
今シーズン初の相模川に行ってきました。

高田橋上流部に3時間入り、釣果は8cm-14cmの鮎が14匹。
内10匹が8cm-10cm。残りの4匹が10cm-14cmでした。

この日は風速5mの予報。
予報通りにいかないのを期待しつつ釣場につくと、予報通りの川下から川上に向かっての強風Σ(T□T)
竿を操作しても風に煽られ、なにをやっているかわからず、また、どう対処したらいいかもわからず…

1年目の昨シーズンは『川で鮎を泳がせて掛かれば楽しい!』っという感じで釣りをしていましたが、2年目は『より釣果を伸ばす!』ことが目標。
風が強かったものの、初日から課題が見つかり、有意義な釣行でした。

ちなみに、ここ数日の相模川・高田橋周辺は釣果が上昇傾向です。
解禁当初は小型の天然サイズばかりでしたが、ここ数日は15cm前後から最大18cmのオトリサイズが交じるようになりました。
釣果は釣られている方で40匹以上、平均しても10-20匹です。
オトリ鮎の販売の際『高田橋上流と下流、どっちが釣れてる?』とのご質問を多々いただきますが、ここ数日の状況ですと、どちらかに偏った極端な差はありませんので、お好みで入られるのがよろしいかと思います。
また、最新の状況はフィッシング相模屋水郷田名店ご来店時にお気軽にお尋ねください。

皆様のご来店をお待ちしております。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

関連記事