【釣行日】 2018年6月14日
【釣行時間】 5:30-10:30
【場所】 相模湾 真鶴周辺
【船宿】 真鶴港 第五嘉丸
【釣果】 イナダ…1.8kg/1匹
【キャスティングタックル①】
・ロッド…シマノ『グラップラー キャスティングシリーズ S68L』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW5000XG』
・ライン…呉羽化学工業『シーガーPEX8 #2.0-300m』
・ルアー…アングラーズリパブリック『ギグギガントフック100S』
【キャスティングタックル②】
・ロッド…シマノ『オシアプラッガーフルスロットルS77M』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW8000HG』
・ライン…よつあみ『G-soul スーパーキャストマン BLUE SPECIAL WX8 #4.0』
・ルアー…シマノ『オシアペンシル160F AR-C』
【ジギングタックル】
・ロッド…ダイワ『キャタリナ62MS・E』
・リール…ダイワ『キャタリナ4000H』
・ライン…よつあみ『G-soul スーパージグマン X8 #3.0』
・ルアー…シマノ『オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー』120g~180g


先日の青物釣行の不完全燃焼があり、今週も青物狙いで出かけてきました(^^

今回は真鶴の第五嘉丸さんにお世話になりました。
こちらも県内で数少ないルアー青物船を出している船宿です。通称、親父船と若船の2隻体制なので予約が多くても安心です。また青物狙いの場合は漁場が真鶴周辺の海域なので、移動時間が少なく(5~10分)、実釣時間が長いので素晴らしい環境です(^^♪

さて今回は台風後の荒食いに期待しての釣行。期待に胸膨らませていると、出船早々に大規模な鳥山を発見!!!!やはり真鶴!鳥山発生ポイントは港の少し先、航程5分ほどのポイントです(笑)
若船長の話では、どうやらイワシが湾内に大量に入ってきているようです。そのイワシで発生する鳥山で、前日も夕方にかなりの入れ食い状態になったようです。気分を出してオシアペンシル160F AR-Cの誘い出しを試みますが出ない…。鳥はかなり多く、差し込みも頻繁なのですが肝心の魚がほとんど見えません。
『これは誘い出しじゃなくシンペンで沈めた方がよいかも?』とタックル交換しようとしたら、竿を出していた若船長がちゃっかりと釣っていました(笑)ルアーはシンペンで( ゚Д゚)!!!サイズは3kg前後のサンパクでした。

―ということで次の鳥山打ちはタックルを変更し、ジグミノーの“ギグギガント100S”をキャスト。-ですが、なかなかヒットしてくれません。若船長にもヒットなし(ルアーはCB-ONEのオズマ)。群れの移動が速く、ピンポイントでのアプローチが極めて重要な鳥山でした。鳥が差し込む寸前のピンポイントを先読みしてアプローチしないとヒットできない模様。よく狙いを澄ましてキャストし、ナイスタイミングで鳥が差し込み直後にヒット!!!ガツーンという強いバイトから、ぐいぐいとロッドを絞り込み青物特有の引き込みを見せます。主導権を渡さずゴリ巻きで顔を見せたのは、ほどよく太ったイナダでした。
ギグギガントをハーモニカ喰いしており、アプローチが正しくできました(*^^)v


イナダのキャスティングゲームですが、キハダマグロのような精密アプローチも時として必要になります。-というよりも、イナダ・ワラサのキャスティングで練習ができるのでもっと釣行すべきですよね(;´Д`A “`

あまりにも鳥が沸いていたので、長い時間キャスティングで遊べると思っていましたが、これ以降はさっぱりと鳥が消え…。ジギングゲームへと移行しました。
しかし、良さそうな反応を流しますがうんともすんとも…。納竿まで船中ヒット無しで終了となりました。魚探の反応はエサ・青物らしき反応がかなり映るのですが、やはりこの日もスイッチが入らず苦戦しました。

真鶴周辺は周年にわたりイナダ・ワラサが狙え、手軽に近海ルアー青物ができる釣り場です。キハダやヒラマサなどの最高峰のビッグゲームも良いですが、イナダ・ワラサで基本を習得してステップアップすることも釣りの上達の近道になるのでオススメです。
タックルもお手軽なものでも十分に釣りができるので、コスパも良いかと思います。

スタッフ石井はサバやイナダのオフショアゲームも大好きです(^^♪
オフショア入門にももってこいですので、挑戦してみたい方はお気軽にご相談ください。

【実食編】
今回のイナダは湾内でイワシを食べており、捌いてみると脂がこってりと包丁に付き、身も白かったです。刺身にするとやはりコクがあり、美味しい\(^o^)/どんな魚もそうですが、食べているエサで食味が変わるのでイナダといえど侮れませんよ。
半身は初日に食べ残りの半身は塩漬けにしたものを刺身で食べましたが、二日目はより美味しかったです。こちらもおすすめの調理法なのでぜひお試しあれ♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事