【釣行日】 2018年6月27日(水)
【釣行時間】 15時過ぎ~17時頃
【場所】 相模川・一本瀬(瀬肩の上から瀬肩まで)
【釣果】 アユ…5~6匹?(バラシ4~5回?)
【タックル】
・ロッド…シマノ『アルファズーム鮎 スペシャル競85-90』
・針…がまかつ『スマートケース(ナノ・スムース・コート)T1 刻(トキ)4本錨 6.5号』
・ベスト…ダイワ
・ドライタイツ…サンライン(オーダータイツ)
・鮎タビ…シマノ
・ベルト…ダイワ
・タモ…ダイワ

今シーズン第2回の『友釣り初めて講習会』に同行し、夕方の2時間弱程度、竿を出せていただきました!!
つまり、友釣りシーズンイン♪
結局昨年も一回しかチャレンジする機会がないので上達はしていません…。
もちろんまだまだ一人では釣行できません苦笑。

この日は早朝から爆風…。
The BurnのDJ・井手大介さんにもチャレンジしてもらいましたが、あまりの爆風で竿が煽られ途中で断念(いったん休憩)。
井手さんの釣行の様子は、後日の放送で♪

私が竿を出す午後3時頃には、時折突風が吹くものの大分風が落ち着きました。
チャンス到来!!
上司の指導のもと、久しぶりの友釣りに挑戦(^^)/
瀬肩の上のトロ場で太ももまでの水深でスタート!

この日使った竿は上司が長年愛用している竿です。
8mの竿でも風に煽られて釣りづらそうだったのに、8.5mの竿で大丈夫??
という不安がありましたが、思いの外大丈夫でした!
なぜか仕掛けが長く(上司の横着のせいかな?・笑)、最初は泳がせにくかったのですが、そこで使えるズーム機能♪(上司に、こうするんだ!と教わりました)
最初はズームで9mまで伸ばし、下流にオトリを落としてから竿を寝かせ、ブレないようにズームを戻し、張ったり緩めたりを繰り返しオトリを泳がせます。
オトリが元気だとグイグイ泳いでいきます♪(これが楽しい☆)
すぐに1匹掛けたのですが、タモがないのと取り込みがまだ一人で出来ないこともあり、バラし…(笑)。
その後掛けた2匹はしっかり取り込めました☆

徐々に下っていき、後半は瀬肩を流しました。
ここで面白いほど魚が掛かります!と同時にバラします(笑)。
流れもキツくなるので動きながら目印や竿先に集中してると、ふいに大きな石が現れるので一回足を取られ掛けました…。※夢中になりすぎて足元を取られないようご注意下さい<(_ _)>

ドッグランに来た室内犬のようにオトリ鮎が瀬の中をグイグイ泳ぎ、すぐに鮎が掛かります。
掛かる鮎は天然ものなのでグーンっと竿がしなる良いアタリを出してくれますが、それをオトリにするには私の技量では不可能。(小さすぎます…)
仕掛けのハナカンもオトリサイズなので、ここはこのオトリ鮎に頑張ってもらいます!
なんと、1匹のオトリで4~5匹掛けました(#^^#) ありがと~☆
途中、あれ?泳がなくなった?と思い、そっと竿を上げると根掛かり。これも勉強。
一度オトリサイズの鮎が掛かりましたが、水面でバウンドした際に外れてしまいました…。

しっかり泳いでくれている時は確実に鮎が掛かっていました。
「違和感を感じたら鮎に聞く(竿を立てて鮎の状態を確認する)」と上司に教わり
こうなっている時はこう(例えばエビちゃんとか)、というのが多少分かるようになりました、というより思い出しました。年1の釣行だと思い出すところからですね…。

綺麗な良い鮎が掛かったので大満足でした♪

鮎釣行での画像はこちらだけです…


最後は1匹釣るまで流し毛鉤を体験して終わりました。
毛鉤ではギリギリオトリサイズの鮎が掛かりました(笑)。

楽しかった~!!友釣り♪(*´▽`*)♪

今年の相模川の鮎は、臭みがなくとっても美味しいんですよ!!
鮎本来の、“香魚”らしい良い香りがします。
お腹を抜いても台所に嫌な臭いが残らないんです!!
私がオススメしたいのは、から揚げ☆

身がホクホクでたまりません♪


素揚げも美味しいそうですよ~(^^)/

お客様からご提供いただいた鮎とオトリは塩焼き♪


まずはお手軽な、流し毛鉤から鮎釣りを初めてみませんか??♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

一生懸命勉強中です。元気と笑顔と気合いをもって、皆様をお待ちしております(^▽^) 【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ 【好きな釣り/魚種】 探し中!とにかく色んな釣りをやりたいです。(エギング、マルイカ、鮎友釣りかじってますが、まだまだド素人です) 【一番の大物】 カワハギ/27cm (まだまだこれからです♪) 【船酔い対策】 毎回寝不足なのでアネロンを飲んでいますが、海に出ると集中するのでおそらく船酔いしません。 (※二日酔いする方へ…頭が痛いときはとにかく緑茶!!気持ち悪いときはとにかく水!!迎え酒も効きますよ・笑)

関連記事