【釣行日】 2018年6月5日(火)
【釣行時間】 7時半頃~18時
【場所】 千葉県・手賀沼水系
【釣果】 へら鮒8月号にて♪
【タックル】
■ドボンのグルテンセット釣り
・竿…シマノ『閃光L 18尺』
・道糸…東レ『将鱗へらTYPE-Ⅱ 道糸 1.5号』
・ウキ…吉田作『深ダナパイプストローク11番』
・ハリ…ハヤブサ『鬼掛へら 極ヤラズ 上下8号』
・ハリス…東レ『スーパープロPLUSハリス 0.8号』
・長さ…上20cm 下40cm 
・エサ 
バラケ『ダンゴの底釣り夏』100cc+水100cc 混ぜてから少し放置+『バラケマッハ』300cc 練り込んで完成
☆夕マズメの配合の場合『ダンゴの底釣り夏』100cc+水100cc 混ぜてから少し放置
※ボソっぽくしたかったら放置しますが、この時は魚が寄ってくる時間帯のためバラケが必要ないので置かない
+『バラケマッハ』300cc 混ぜてから+『粘力』1杯
※魚が寄ってきてもエサが持つように粘力を加えた
※魚を寄せるエサではなく、両方食わせるエサにするため練り込むのがポイント
クワセ『グルテンα21』40cc+水60cc 

へら鮒8月号の舞台は、吉田作の吉田康雄名人のホームフィールド♪
いつも楽しい釣行をありがとうございます☆★☆

今回は、手賀沼本湖(高野山ふれあい市民農園)~大堀川(柏ふれあい公園)と2か所で釣行しました。

朝一は釣り場のお話しをしてくれます♪


まずは、剛舟7尺・両グルテンの底釣りからはじまり、

エサはこちら


早々にファーストフィッシュ♪
さて、本命だったのでしょうか…☆

次は場所を変えて、閃光XX15尺・グルテンセットの底釣り。


今回、初めてハリを伸ばされました!!
本当に初めてです!!本命のへらが掛かっていたのでしょうか…。

アタリ方も独特で不発が続いたり…。
午後の途中から竿を出した名人は、私には真似できない釣り方でアタリを出していました。

名人、余裕のピース♪


1日はあっという間でタイムリミットの午後6時までたっぷり竿を振りました!
当日の詳しい内容は、へら鮒8月号・ちあゆのへら鮒“爆釣記”!?ジャンプアップ編を是非ご覧下さい♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

一生懸命勉強中です。元気と笑顔と気合いをもって、皆様をお待ちしております(^▽^) 【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ 【好きな釣り/魚種】 探し中!とにかく色んな釣りをやりたいです。(エギング、マルイカ、鮎友釣りかじってますが、まだまだド素人です) 【一番の大物】 カワハギ/27cm (まだまだこれからです♪) 【船酔い対策】 毎回寝不足なのでアネロンを飲んでいますが、海に出ると集中するのでおそらく船酔いしません。 (※二日酔いする方へ…頭が痛いときはとにかく緑茶!!気持ち悪いときはとにかく水!!迎え酒も効きますよ・笑)

関連記事