【釣行日】 2018年9月10日
【釣行時間】 6:00-13:30
【場所】 相模湾
【船宿】 平墳港 庄三郎丸
【釣果】 キメジ…0.3匹?/1頭?
【タックル】
・ロッド…ダイワ『17キャタリナJ 62MS』
・リール…ダイワ『16セルテートHD 3500H』
・ライン…デュエル『Super X-wire8 #2.0-300m』
・ルアー…Supplies『BlueJack 50g』
【ナブラ撃ちタックル①】
・ロッド…シマノ『グラップラーS68L』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW5000XG』
・ライン…呉羽化学工業『シーガーPEX8#2.0』
・ルアー…アングラーズリパブリック『ギグギガントフック100s』 
【ナブラ撃ちタックル②】
・ロッド…シマノ『オシアプラッガーフルスロットルS77M』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW8000HG』
・ライン…よつあみ『G-SoulスーパーキャストマンBLUESPCIAL WX8#4.0』
・ルアー…アングラーズリパブリック『ギグ115S』


いよいよ相模湾内のコマセ釣果も安定してきたことで、大好きなカツオジギングへ繰り出してきました\(^o^)/
今回はご多忙のなか予定を合わせていただき、Supplies代表の椙尾さんにカツオジギング道場開講となりました♪

天気予報と裏腹に出船前の船宿はどしゃ降り…。
気合が入っていただけにかなり滅入りましたが、出船から最初のポイントに到着する間に雨脚も治まりました。
一年ぶりに見るコマセ船団の光景はやはり興奮しますね(^^)

まずは湾内西沖のポイントから。
指示ダナは概ね20m~40mがメインでした。椙尾さんも私ももちろんパイロットジグはBlueJack50g。カラーはローライトだったのでピンクシルバーからスタートしました。

アクションはリーリングを軸としたワンピッチ。この釣りはメタルジグは軽いものをメインで使いますが、カツオの引きが強烈なため強めなロッドを選択します。よってワンピッチでメタルジグが暴れ過ぎないようにコントロールする必要があります。
※椙尾さんのロッドはマングローブスタジオ『ブルーアイアスBA-632S』とシマノ『オシアジガークイックジャークS622』を使い分けていました。

開始から1時間ほど経つ頃に船団の中でも、時折ナブラが沸きキャスティングをする機会が増えてきました。
※コマセ船の便乗ですがキャスティングチャンスがあるので、ナブラ撃ち用のタックルを必ず持ち込みましょう。

ソナーで魚群を追っている最中に突如ナブラが発生。
すると椙尾さんがすかさずキャスト!そしてヒット( ゚Д゚)!!!
そしてゴリ巻きであっさりと3kg弱のカツオをキャッチ。ナブラの一番盛り上がっている場所に撃ち込む動作が早くて、正確でした…。
実は私の方が数秒先にキャスト体制に入っていたのですが、一番濃いトコロを見極められず迷っており動作が遅れました…。

ここでイワシを飛ばしているナブラではありましたが、メインのサイズが小さかったのでギグ115S→ギグギガント100Sへサイズダウンしました。
ほどなくするとまたソナーで船の向きを変えているうちに、ナブラが発生したためキャストチャンスがやってきました。今度もサメ付きのイワシ団子です。これは上手くキャストが決まり、着水からすぐヒットしました。
ファーストランの感覚でカツオではなく、キメジだと分かりました。40mほど走ったところで止まったので、ガンガン巻きました。
「サメ付きだから早く勝負決めないとな~」
なんて思っていたら、キメジの動きが怪しくなりました。サメに怯えはじめ猛烈なダッシュで逃げ回りはじめました。船団の中でのヒットだったので、長引かせると危険です。-と注意していましたが、やはり他船とオマツリしてしまいました…。ここでヤツにガブリといかれてしまいました。オマツリをほどきましたが、戻ってきたのは頭部のみでした…(T_T)/~~~


西側の反応が薄くなってきたので、後半は東側へ移動。
こちらは群れが変わったことでコマセへの反応がすこぶるよく、良い群れを捉えた後はエサ釣りの皆さんの竿が次々と絞り込まれました。
メインは良型のカツオさんでした(^^♪

椙尾さんは何かを感じ取り、発売間近のBlueJackのショートタイ50gに変更。するとすぐさまにヒット!指示ダナ20mだったため、あっという間に上がってきましたがタモ入れ寸前でバレてしまいました(*_*;

その後もコマセは確変状態で終始誰かがヒットする状況でしたが、ジギング組はヒットを得られず終了となりました。

なんだか今回も課題だらけで結果が伴わず、力不足を痛感しました(;´Д`)やはりプロと一緒に釣りをすると盗めることが多く、勉強になりますね~。有り難いです。

―ということで、帰り際に椙尾さんからカツオをおすそ分けしていたきました( ;∀;)脂が乗っていてとてつもなく美味しかったのは言うまでもありません。相模湾内のカツオ釣りの醍醐味はこれですよね。


今シーズンはまだまだ湾内の魚影が濃いです。ナブラもそこらかしこで、発見できるのでチャンスありありです。とにかく風が落ち着いてくれれば良い釣りが出来そうです(^_-)-☆

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事