【釣行日】 2018年9月13日
【釣行時間】 17:00-22:30
【場所】 駿河湾 淡島沖
【船宿】 沼津港 秀丸
【釣果】 タチウオ……指4-5本サイズ/25本
【タックル】
・ロッド…ダイワ『鏡牙AIR 63B-1S』←駿河湾最強ロッドです。
・リール…ダイワ『鏡牙 100SH』
・ライン…デュエル PE1号 200m
・針/仕掛け…
・ルアー…ダイワ『TGベイト』ボーズレス『TG ノブナガ』
・サーベルテンヤ用…シマノ『サーベルマスタードラゴン』、サンマ

やっと沼津の夜タチウオが始まったとの事で行って来ました。

今回のヒットパターンは、いつもと違うとの事。
いつもなら暗くなってから食い始めるのに、今期は明るい時間帯が勝負とのこと。

ならばと、最初はメタルジグで手返し良く釣ってしまえ!!
と考え、ボーズレス『ノブナガ100g グリーンゴールド』からのスタート☆

ジグを左右に激しく動かし、タチウオにアピール。
アタリはあるが、釣れない(T-T)
次に、DAIWA『TGベイト120g CHピンクゴールド』にチェンジ。
ワンピッチでシャクリます。
今度はアタリもなくなりました。

潮の流れがおさまってきたので、少しだけジグの重さを軽くし、『TGベイト100gのPH赤/金』にチェンジ。

すると、フォール中や、シャクリ上げでバンバン釣れるようになり、一時入れ食いになりました(*≧∀≦*)

TGベイトで入れ食いでした


日が沈み始めた時から徐々に釣れなくなり、まったく釣れなくなってしまいました。
周りの餌釣り師は釣れている為、サーベルテンヤにチェンジしました。

指示棚は、20~40m。
私は30~40mを集中的に狙う事にしました。
水深も浅く、潮もきつくないので、テンヤの重さは30gを使用しました。

テンヤに餌を付けるとこんな感じです


1投目から強烈なアタリ。
釣れました(*≧∀≦*)
その後も、ガンガン釣っていきます。

テンヤは、ピンクグローが良く釣れました


が……。

20時30分頃から渋くなり、タチウオ独特の『食いモタレ』が始まりました。
食いモタレとは、アタリは何回かあるが、本アタリまでの竿の食い込みが続かない事です。

周りのテンヤの方や餌釣り師の方はイライラしています。

私はと言うと、この『食いモタレ』が最高に楽しいんです♪♪♪
タチウオとの勝負だからです。

なので、1本釣り上げるまで、5分位はやりとりをしています。

本アタリまで持っていけた時には、思わず『ヨッシャー!!!!勝った(*≧∀≦*)』と叫んでしまうんです(笑)

タチウオテンヤでの食いモタレ時に、本アタリまで持っていくポイントはぜひ矢敷までお尋ねください!!!
(文章で表現するのが難しいんです(^_^;))

この日は平均サイズも良く、久しぶりのサーベルテンヤ釣りにしたら本数も良かったです(^-^)v
スッゴク楽しかったです☆☆☆

平均的にサイズ◎でした

駿河湾最強ロッド
☆ダイワ 鏡牙AIR 63B-1S☆
今回の釣行では、ジギングとサーベルテンヤの両方でこのロッドを使いましたが、穂先が柔らかいため、ジギングやテンヤ時の繊細なアタリも拾ってくれます。

ジギングをやっていて、食いが悪くなったらサーベルテンヤに変える。

活性が良くなり、手返し勝負になったらジグに付け替える。

その作業がこの竿一本で出来てしまいます。

とってもオススメです☆☆☆

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

・釣りは最高の遊びで最高のいやし♪ ・釣り場では知らない人でもすぐに友達になれます♪ 【担当コーナー】 ウェア、エギ、ブーツ・ウェーダー、偏光グラス・帽子、バッグ 【好きな釣り/魚種】 エギング、青物のトップ釣り(シーラやワラサ)、ジギング、バス 【一番の大物】 ・アオリイカ/2.1kg(相模屋で私が一番です!) ・ブラックバス/53cm(O.S.P.のルアーで) ・スモールバス/51cm(野尻湖) 【船酔い対策】 アネロン最強です! 【悔しかったこと】 吉田さんにアオリイカを横取りされたこと(怒)

関連記事