【釣行日】 2018年10月10日
【釣行時間】 7:00-15:00
【場所】 山中湖
【船宿】 魚安ボート
【釣果】 ワカサギ…3cm-10cm/309匹
【タックル】
・リール…シマノ『レイクマスターCT-T』2台
・ライン…オーナーばり『ザイト・PEワカサギ ZA-92 0.2号』
・仕掛け…オーナーばり『相模屋オリジナル時短夜行留ビンビンかおりん6本 1.5号』
・エサ…赤虫、紅サシ
・オモリ…7g

10月10日、シーズンインしてから、好調に釣れている山中湖、ワカサギ釣りに出掛けてきました。
自宅から道志みち(国道413号)を通り山中湖へ向かう途中、台風24号での崖崩れの影響で青野原のセブンイレブンから青根の信号までが通行止めとなっており、迂回路があるので問題なくたどり着きましたが、いつもより15分は余計にかかり6:30魚安ボートへ到着。
受付を済ませ7:00出船の船に足早に乗りました。
今回は釣り具仕掛けメーカーはやぶさの隼華に所属する釣友の松迫陽子さんと女子2人での釣行♫

私も陽子さんも今期2度目のワカサギ釣行。
船に乗ると相模屋のお客様も2名いらしていて計13名。

23名程乗れる船は空き席があった為、4人で使う幅を2人で広々と使う事ができました。

船座正面には富士山


水深12.5メートル、魚探には10メートル付近に魚影が映りました。
一台の棚を10メートルに合わせ、もう一台を底に合わせまずは大きく上下に誘うがなかなか掛からない。そして叩くように小刻みに誘ったら、10メートル棚でやっと掛かったのは3センチ程のワカサギでした。

そして底では良型が掛かった。通常だとモーニングワカサギが遊んでくれるが、今回は寝坊しているようで活性は良くなかったです。
なんとか目覚めさせスイッチを入れるべく、集魚用のぶどう虫を仕掛けにつけるとアタリが増えました。時折、7メートル付近に猛ダッシュで群れが通り過ぎていき捕らえられませんでした。

同船した河合さんも丁寧に掛けてました


11時頃から少しずつ活性がよくなり、朝寝坊したワカサギが遊んでくれるようになりました。まめにエサ替えをし、10メートル付近のワカサギがコンスタントに釣れた。

多点掛けをする陽子さん



私も陽子さんも何度か多点掛けをする事ができ、釣れ出してくると2人とも無口になり夢中になって釣っていました。15:00沖上がりで釣果309匹。

今回初めて1日を通して電動リールを二台使いした陽子さんは、ライントラブルはあったが200匹の目標値を超え224匹釣れた。2人ともに楽しめ大満足で終了しました。

そして同船した当店のお客様である西山様が私の考案した仕掛け、相模屋とオーナーばりとのコラボ仕掛け『ピンピン時短かおりん6本仕掛け』で470匹も釣り竿頭となりました。

槌屋船長と西山さま


ワカサギと言えば冬限定のイメージだが案外ロングシーズン楽しめます。
各湖により禁漁期間は違うが山中湖は9月1日から6月いっぱいまでワカサギ釣りを楽しむ事ができる。ドーム船はトイレもあり電子レンジやポットやお茶なども完備されている所が多く、冬場は暖房も付いており暖かい。小さいお子様がいる家族で楽しめるお勧めの釣り船、魚種でもありおススメです。
今回の様子は週刊つりニュース10月26日号にも掲載されました^ ^是非ご購読くださいね♫

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

これから色々な釣りを覚えてスキルUPして、皆さんの釣りのお手伝いができるように頑張ります。1人で船に乗ることも多いので、見かけたら気軽に「カオリン!!」と声を掛けてください♪ 【担当コーナー】 セールス 【好きな釣り/魚種】 カワハギ、ワカサギ、エリアトラウト 【一番の大物】 キハダマグロ/120cm・26kg 【船酔い対策】 釣行前夜アネロンに、出船前アネロン飲めば大丈夫♪

関連記事