【釣行日】 2018年11月21日
【釣行時間】 6:00-11:00
【場所】 相模湾 小田原沖
【船宿】 小田原早川港 隠徳丸
【釣果】 ワラサ…3kg/1匹、イナダ…1.0-1.6kg/4匹、バラし&サメ化け多数
【タックル】
・ロッド…ダイワ『17キャタリナJ 62MS』
・リール…ダイワ『16キャタリナ 4000H』
・ライン…よつあみ『G-soul SUPERJIGMAN X8 #3』
・針…オーナーばり『JF-25 ジガーライト ホールド』
・ルアー…シマノ『オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー』

今シーズンずっと好調の相模湾の青物ジギングに行ってきました(^^♪
今回も小田原早川港は隠徳丸さんにおせわになりました。
前回よりも秋が深まったせいか朝の気温は低く、レインウエア+フリース系インナーではちょっと寒かったですね。それでも日中は汗ばんでインナーを脱ぐくらいなので、調整できるようにしておくとよいですね。



ポイントは前回と同じで、水深は90m~100mの筋をドテラ流しでの釣りです。
前回と違うのは風がほとんどなく、潮流れがあまり無く放出されるラインは垂直に近かったです。

船長のアナウンスで『ベイトが少ないけど反応出ているよ』とのことで、なかなか船中ヒットが出ない時間が続きました。

しばらく経ったところで朝の時合いになったようで、同船していた方が太ましいワラサをキャッチ!!ヒットジグをチラ見すると赤金だったので《クロスツー》ドラゴン(赤金)をセットしていたベイトタックルにチェンジ。

反応が広く出ていたので、水深の半分くらいまで誘い上げると待望のヒット(^^♪
1.6kgの丸々したイナダくんをゲットし、ほっと一安心。


―とここで、トモ方面のアングラーの方にサメがヒット…。どうやらイナダがサメに化けたようです。時合いで数を伸ばしたかったので、すぐさまフォール!着底前にヒット(笑)
今度もイナダのようですが、様子がおかしい…。何度か暴れたところでバックンとラインブレイク…。

10時くらいから潮変わりになりいよいよ喰いが活況になり、別のアングラーさんがサワラ・ハガツオ・イナダと次々とキャッチされていきます。
この時合いに乗り遅れないよう信頼と実績の《シマノ》キングスラッシャー150gフルシルバーにチェンジ!ボトム付近から細かく誘って、緩く泳がせると待望の重量感のある重みが!!!!

しかし今日難しいのが、シャークアタックの頻度が高く―。

『いかに素早く獲るか―』

途中で喰われないように必死にゴリ巻き(゚Д゚;)!
ゴリ巻き(゚Д゚;)!
ゴリ巻き(゚Д゚;)!

引きを楽しむ暇は一切ありませんでした(笑)
海面までサメが追いかけてきましたが、なんとかワラサをキャッチすることが出来ました。

ここから時合いが更に苛烈になり、入れ食いを楽しませていただきました。3回バラしてもヒットしてきたのは興奮しました(^^♪
サメの居ない時間もあって、イナダのキャッチ数を伸ばせました。



―が終わってみれば殉職4つで、前回の釣行よりも痛手を増した釣果となってしまいました…(´・ω・`)

―とはいえ、ワラサ1匹イナダ4匹バラし多数のシャーク4発とお魚にたくさん遊んでもらえました。

サメと遊びたい方はPE4号リーダー80lb以上でキャッチ可能です(笑)
アシストフックはワイヤー入りだとキャッチ率が向上しますので、チャレンジャーはぜひ(爆)

しつこいようですが、今年の相模湾のオフショアジギングは当たり年!
ジギンガーのスタッフ石井は大興奮の2018年。
10月のカツオ祭り、11月のワラサ・サワラ祭りと好調が続いています。
年内の楽しい思い出作りに、ぜひお出かけくださいね~(*^^)v

出典:隠徳丸さん フェイスブックページ


出典:隠徳丸さん フェイスブックページ


出典:隠徳丸さん フェイスブックページ

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事