【日付】 2012年9月10日
【タックル】
・ロッド…ケイスタイル・オーダーロッド
・リール…DAIWA『シーボーグ1000』

毎日毎日仕事で疲れている私…。「あぁ癒やされたい」と思い、釣りに行ってきました。私の繊細な心(?)を癒やしてくれるのは、そう「アカムツ」です。食べて良し、釣って良し、この魚が1尾でも釣れるとそりゃもう「猫にまたたび、豚に真珠」です(?)。

そんなわけで、いつもの船宿に行ってきました。
当日はベタ凪、釣り日和。船はゆっくりポイントに向かいます。私の弟子(すみません)B氏はというと無類のアカムツ好き。「今日は大きいのが1本釣れればいいね」と言っています。私はというと「大きいのが4本釣れればいいや」とうそぶきます。

しかし当日、潮も引かず前半は喰い渋り…。私が1本とり、次のB氏と苦戦中。それでもサバやメダイの猛攻をかいくぐり、私が2尾、B氏が2尾。少しずつでも釣れてきます。
そんな中、トラブル発生!!緊急事態です、船のエンジンはオーバーヒートです…。しかし当日は風弱くベタ凪、船長も「僚船が迎えに来るまで釣をしてて良いよ」とのんびりしたものです。

それからです。空前絶後のアカムツ入れ喰いが始まりました(大げさですが)。私が1尾追加しているうちに、B氏はなんと4点掛け。しかもオール1kg級。そして私にも明確なアタリ。私も過去には4点掛け3点掛けの夢のような体験は何度もあります。B氏の竿頭を阻止するには、3点掛け以上でなくてはなりません。糸もどんどん振り込みます。
しかし会場を見ると、どんどんこちらに近づいてくる船があります。そうです、遭難している私達を迎えに来た船です。ここまでかと思い、仕掛けを巻き上げます。しかし手応えは十分、リールがうなります。巻き上げが止まり、海中を見ると一番上にメダイ、2番目3番目はアカムツ、一番下の針にはユメカサゴでした。
一荷は達成しましたが、B氏の竿頭が決まった瞬間です。

結果、B氏6尾で竿頭(0.8kg〜1kg)、私5尾(0.6〜1kg)。数でも型でも負けた師匠(私)は、WINKの「涙をみせないで」を聴いています。

 


スタッフ川嶋・アカムツ

そして後日、アカムツパーティの模様です。
やはり塩焼き、煮付け、シンプルな料理が一番です。

スタッフ川嶋・アカムツ

いつもの仲間です。私を除き、3人でアカムツを食べています…にこやかに。
私はというと、真ん中のうら若き秋田小町が釣ったワラサの切れ端で、和気藹々と食事をしています(泣)

写真の3人は嬉しくて笑っているように見えますが、本当は私の手を椅子に縛り付けて笑っている
…冗談です。いつも楽しい食事をありがとう!

(船担当)

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

ただいま子育てのため禁漁中。はやく解禁したいと思います。…いつのことやら(T_T)

【担当コーナー】 船、クーラーBOX
【好きな釣り/魚種】 アカムツ、キンメ、アコウ、ベニアコウ、クロムツなど。あとは石垣島での釣り。
【印象に残る釣り】 オナガダイやアカジン釣り
【船酔い対策】 出船前に食べる、酔う前に食べる…

関連記事