【釣行日】 2018年12月7日
【釣行時間】 7:00-14:30
【場所】 東京湾
【船宿】 横浜根岸 鴨下丸
【釣果】 0匹
【ジギングタックル】
・ロッド…ダイワ『17キャタリナJ 62MS』
・リール…ダイワ『16キャタリナ 4000H』
・ライン…よつあみ『G-soul SUPERJIGMAN X8 #3』
・針…オーナーばり『JF-25ジガーライトホールド』
・ルアー…スミス『CBマサムネ』
【ライトジギングタックル】
・ロッド…テイルウォーク『ソルティシェイプダッシュSPJ632』
・リール…シマノ『グラップラー301HG』
・ライン…シマノ『タナトル8 #1.5』
【キャスティングタックル】
・ロッド…シマノ『グラップラーS68L』
・リール…シマノ『15ツインパワーSW5000XG』
・ライン…呉羽化学工業『シーガーPEX8 #2.0』


釣行二日前に先輩アングラーが東京湾でブリゲットを見せつけられ、私も念願のブリゲットを目指し釣行へでかけました(^^♪

船宿は磯子の鴨下丸さんにお世話になりました。
(金沢八景の鴨下丸さんとお間違えの無いように…)

今週はサワラ爆釣やブリゲットの釣果が出ており、平日でもルアー船は12名と大人気でした(゚Д゚;)なんとこの日は大潮。しかも強風続きからの凪予報。アングラーは情報収集に余念がありませんね(笑)Xデーに期待が高まります。

ポイントは観音崎・走水周辺で水深は30~40mほど。
船長のアナウンスではジグは100g~120gで―ということでした。
2WaySpkyロング100gで数投するも潮が緩く、全然ジグが馴染みません…。サイズアップで130gに変更しますが、これも潮に馴染まずしばし迷走…。

不穏な空気が流れましたが9時頃にワラサが反対舷であがりました!
やる気MAXでキャストを繰り返しますが、アタリが遠い…というよりも手持ちのジグが馴染まず絶賛苦戦中。すぐさまミヨシのアングラーもワラサをキャッチ(;´Д`)

遠目で観察するとお二人とも《スミス》CBマサムネをセレクトされていました。
すぐさまCBマサムネ115gにチェンジすると、今日の中では一番アクションが馴染みました。するとすぐさまジグを小突くようなバイトが何度も!!
これは!と思い再度キャストして探り直そうとすると、着底前にラインがふけている…。

本日もサワラカット頂きました…(´・ω・`)

すぐにCBマサムネ155gを付け再投入。
―するとこれが先ほどよりもさらにアクションが付けやすく、良い感じにワンピッチジャークできます(^^)なんて思っていると強烈バイト!フッキングすると魚の重みは無く、回収してみるとアシストラインがぶっつりと切れていました…。

すぐにフックを付け再投入。
アクションは先ほど同様にゆったり目のワンピッチジャーク。底潮が抜けるタイミングでショートピッチに変えた瞬間にまたまたバイト!今度はばっちりとフッキングも決まりました。手応え的にイナダかサゴシかな。でも慎重に上げてくると、あれ!?サワラサイズだ
…(゚Д゚;)

『これは絶対に獲りたいッッ!!!!!』

と思っていましたが、船長のタモが間に合わず海面ポロリ…(´・ω・`)

バラす直前にトモの方もヒットしていてサワラをキャッチ。

やっちまいました…。

再投入するとまたまたバイト!
底から5mほどのところで強烈に抑え込まれるバイトでしたが、なぜだかフッキング出来ず(゚Д゚;)

なんだかんだ時合いで怒涛の3ヒット1バラし1カット、バイト多数。でもキャッチ0…。

久しぶりにボーズとなってしまいました。

後半のシャローでイナダも目の前でバラして、ダメダメな一日でした(´・ω・`)

反応は終日多かったのですが、いかんせん魚のやる気スイッチが入らず釣れませんでした。
この日は潮の動きが複雑でジグによってはスカスカで動かせないものもあったので、幅広く用意しておきたいですね。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事