【釣行日】 2018年12月25日
【釣行時間】 6:00-11:00
【場所】 相模湾 真鶴周辺
【船宿】 小田原早川港 隠徳丸
【釣果】 イナダ…最大1.6kg/10匹以上、デカサバ…3匹
【タックル】
・ロッド…ダイワ『17キャタリナJ 62MS』
・リール…ダイワ『16キャタリナ 4000H』
・ライン…よつあみ『G-soul SUPERJIGMAN X8 #3』
・針…オーナーばり『JF-25ジガーライトホールド』
・ルアー…シマノ『オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー』

2018年を締めくくるべく、釣りに行ってきました(^^♪
釣りモノは悩みましたが、相模湾での青物ジギングにしました。
今年の相模湾のジギングは例年になく楽しめ、個人的にも良い思いもさせてもらえたので釣り納めに決めました。

今回も小田原早川港の隠徳丸さんにお世話になりました(^^)
AMルアー青物にて出港です。


最近のポイントは西側に動いたようで、航程30分ほどでポイントに到着。
水深は80~90mほどで、潮まわりは中潮。反応は底から15~20m。
160gのジグでスタートしてみるも風も微風で潮流れも弱く、ドテラ流しでもほとんどラインが斜めになりません。
数投探ったところでジグを《シマノ》キングスラッシャー130gにチェンジ。これが奏功しファーストヒットヽ(^o^)丿40cmを裕に超えるサバでしたが(笑)船長はきっちりとイナダをキャッチ!活性が高くジグを落とし直すと、私もすぐにイナダをキャッチすることが出来ました(*^^)v


船長のお話では『ワラサ・ブリは底から10~15m。イナダはそこから30m。サワラはそれよりも上まで―。』ジグを泳がすレンジで釣り分けるようアドバイスをもらいました。
―ですが、この日のイナダは元気ハツラツで追いも良く底から3巻きくらいでヒットしてしまい、なかなか釣り分けができませんでした(^^;

―が、イナダジギングは一見簡単そうに見えますが真剣に狙うと難しい一面があります。
なかなか同じジグ・アクションでは触りが続かず、絶えず変化を入れないとヒットに繋げられませんでした。
潮流れも微妙に変化しジグウエイトも小まめに変え、ベストなウエイトで誘うことが釣果アップのキモです(*^^)v



―ということで、多様なジグとアクションで常に触りやヒットがありイナダに遊んでもらえました。


【ヒットジグ】
・tamaTV『2WaySpilyロング130g、ロング145g』
シマノ『オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー135g』
BlueBlue『コニファー160g』
K-Flat『Gummy130g』
ネイチャーボーイズ『ウイグルライダー160g』
メジャークラフト『ジグパラバーチカルショート150g』

手を変え品を変え、常に魚の反応が得られ続け釣果は余裕のつ抜けヽ(^o^)丿
デカサバも3尾ほどキャッチすることが出来、楽しく釣り納めが出来ました♪
魚影も濃く、新年もまだまだ楽しめそうな雰囲気ですので興味のある方はぜひ出かけてみてくださいね。日によってキャスティングゲームも楽しめるので、タックルはお忘れなく!!!
(案の定、翌日は帰り際にキャスティングで楽しめたようです)



実は個人的にイナダのジギング大好きです(^^♪
真剣に狙うと難しく、ジグの選択やアクションを考えないと数が狙えないので色々なことを考えて動かすので試行錯誤が多く自分の引き出しが増やせます。この経験がワラサやヒラマサ、カンパチ、カツオ、キハダなどの大型青物で活かせるので練習にはもってこいです。これから大型青物に挑戦したい方はまずイナダに遊んでもらってからステップアップすることをおすすめいたします。

釣り方や道具のご相談、船宿をお探しの方は店頭のスタッフ石井までお気軽にお声掛けください。青物がゲットできるようサポートいたします(^^♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事