【日時】 2012年9月21日
【釣種】 キハダマグロ
【タックル】
・ロッド…アリゲーター『スタンディングロッド』
・リール…SHIMANO『電動丸ビーストマスター4000』
・道糸…SHIMANO『パワープロ8号 300m』
・ハリス…フロロ22号 4.5m
・ハリ…インターフック
・天秤…ミサキ『カモシ天秤』

磯釣り担当なのに、磯釣りの釣果がイマイチ…。なのでまた船釣りへ。

今回はうれしい2連休☆とりあえず初日は「アッちゃん」こと敦船長の湘南『海成丸』さんからキハダ狙いで出船。今回はいつもと違い、カツオの群れが少ないのかあまり船団がありません。

昼前にマグロのハネを見つけた船長が、群れの移動先へ船を廻して船中バタバタとヒット。私にもヒットしましたが、他の人のキメジやカツオは型が良いのに私のキメジはなんと40cm・1kg(笑)こんな可愛いのもいるんだと思っていると、小さいメジのハネの中にたまたま20kgクラスがハネたのを発見!船長に伝えると「ハイ、やって〜」の合図。船中ポツポツヒットしたところで「あげて〜」の合図。
…が「ちょっと待って!ビッグ(キハダ)の反応が出てきたからそのままやってみて〜。タナは60m」で、一度コマセを入れ替えて60mまで仕掛けをおろし、手持ちで待っていると、いつものように「フワッフワッ」と前アタリ!すかさず鬼アワセ!鬼アワセ!鬼アワセ!の3連発鬼アワセ!魚が走り出しても更に追い合わせ!追い合わせ!で一気に魚は120mまで走ります。そしてまた前日同様、90-140mを走っては巻いての繰り返し。するとたまたま海成丸の隣で流していた、私と旧知の間柄の『ちがさき丸』のシゲアキ船長から無線で「小澤君、それバラしたら俺怒るよ!」とゲキを入れられます。
しかし前回の32kgよりも引きが弱い気がします。途中、サメに喰われたのかと思いましたが、たまに我に返ったように走り出すのでサメには喰われていないことを確認しますが、浮いてきたのは…3mくらいのサメ!!?しかしこのサメ、私のマグロにちょっかいと出しに来ただけらしく、水面でウロウロしているだけ。船長が「コノヤロー!どっか行けーー!!」と叫ぶと程なくして退散。ハリスをたぐるとだんだん魚が旋回して浮いて来て、無事無傷でランディングに成功。

スタッフ小澤・キハダマグロ

記念撮影のため持ち上げると、前回重くて持ち上がらなかった頭まで上げられたので、前の魚よりは小さいと感じましたが、それでも後検量で26kg!
これで私の今シーズンの水揚げ目標マグロ合計100kgまで残り42kgとなりました。次回はなるべく1匹で42kgオーバーをあげられれば目標達成でマグロビンボーにならなくて済みそうなのですが…。

船中はその後9回アタリがありましたが、ハリス切れ、道糸切れ、ビシのブッ飛びなど秒殺の連続。最後に反対側の人が掛け28kgの取り込みに成功し、そのまま沖揚がり。

その後の相模湾は依然好調で、毎日30kgオーバーが取り込まれています。中には100kg級を浮かした船もあったとか…。
とりあえず船長、ありがとうございます!また次回も宜しくお願いします。

【今シーズンの小澤の目標合計100kg(デカキハダのみ)
9月5日32kg+9月21日26kg=現在58kg

目標まで残り42kg!頑張るぞ〜

ちなみに2尾とも、口の横の最高の場所に針がかりしていました。たまたまかも知れませんが、合わせるようにしたら、飲まれて切られる、いわゆる「瞬殺」とか「秒殺」が一回も無くなりました。やはり「前アタリ」「合わせ」がキモなんですかね〜??
何か尾長メジナ釣りに似ているな〜。尾長メジナも、飲まれるといくら太ハリスでも歯で切れてしまいます。飲み込まれる前のアワセが肝心なのです…。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。 伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!? ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑) 【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ 【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪ 【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです) 【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事