【釣行日】 2019年2月20日
【釣行時間】 00:30-03:00
【場所】 三浦半島
【釣果】 メバル…約17cm/1匹、カサゴ…約15cm/1匹
【タックル】
・ロッド…アピア『Legacy’sc STAY GOLD 86LXS』
・リール…ダイワ『カルディア LT2000S』
・ライン…モーリス『VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 0.3号』
・リーダー…モーリス『VARIVAS ライトゲーム ショックリーダー フロロカーボン 6lb』
・ルアー…ナダ『コリー』

2月20日深夜、大好きなメバリングへ行ってきました。

この日の状況は…
夜空にはスーパームーン前日のキレイなお月様。月の光に照らされキラキラと輝く海面。
砂浜に立てば、頭上には雲もなくキレイな月、見渡せば明るく輝く海。これが海辺のドライブやデートなら最高のシチュエーション(*‘ω‘ *)

で・す・が…
この明るさ、メバルには超プレッシャー( ̄□ ̄;)!!

月の影響でいつも以上に明るい海は、メバルの警戒心を高めます。まったく釣れなくなるわけではありませんが、メバルに出会える可能性は下がります。できればこのような状況は避け、月明かりの弱いときに行く方がオススメです。釣りに行く前は、潮の状況だけではなく、釣りをする時間帯の月の状態も気にしてみてくださいね。

…っで、そんな状況ですが、メバリングに行ってきました(;^ω^)
(この日を逃すとしばらく釣りに行けなさそうなので…)

釣行場所は上記の状況を考慮し、月明かりの影響を抑えようと、常に外灯の明かりが入っているもともと明るいポイント。
ルアーは、活性の低いメバルにアプローチする為、アクションが控えめ、かつスローに引けるナダのコリー。スローに引くにはアンダー1gのジグヘッドの選択肢もありましたが、距離を出し広く探りたい為、プラグにしました。カラーは、違和感や警戒心を与えないようナチュラルに攻めれるクリア、またはクリアにラメ入り。狙うポイントはストラクチャーの影。

こんなことを考えて釣り場についてみると、海面は外灯との明暗部の差がないくらい明るい(;一_一)
見るからにプレッシャーの高そうな状況に思わず「ボ」の文字が頭をよぎる…っが、しばらくすると月が雲に隠れ、あたりの明るさが控えめに。これはチャンスかも!?と気持ちを新たにストラクチャーの近くを攻めるとヒット!サイズはかわいいもののとりあえず1匹(;^ω^)

スタッフ木村釣行記~メバル1匹・カサゴ1匹~

メバル約17cm

その後、同じくストラクチャー近くを攻めると強烈な当たりが!しかし、波打ち際でバラシ目の前でサヨナラ…推定20㎝オーバー、いいサイズだったのに(泣)

バラシ以降は時合が去ったのかメバルの反応なし…。帰り際、通りかかった漁港の岸壁際を攻めカサゴゲット。

スタッフ木村釣行記~メバル1匹・カサゴ1匹~

カサゴ約15cm

今回もルアーはナダのコリーを使用しました。スローに沈むため、表層に反応があるときに攻めやすい他、シャローのポイントでの使用もオススメ。また、カウントダウンでレンジも探れますので、プラグですがジグヘッド感覚で使えます。これまでジグヘッドしか使ったことがないけどプラグにも挑戦してみたい、っと考えている方は是非使ってみてくださいね。価格もリーズナブルですよ(*^-^*)

前回釣行時もナダのコリーが大活躍でした♪

スタッフ木村釣行記~メバル1匹・カサゴ1匹~

ナダ『コリー-CLEAR-ORANGE-GLITTER』にて

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

関連記事