スタッフ平賀釣行記〜カワハギ〜
※画像は志平丸様WEBサイトよりお借り致しました、今回の竿頭・スタッフ小澤の画像です。

【日付】 2014年9月4日
【船宿】 佐島・志平丸
【タックル】
・竿…DAIWA『極鋭レッドチューンボトム』
・リール…シマノ『ステファーノ201XG』
・糸…サンライン『オーシャンPE 1号』
・針…DAIWA『スピード 7号、7.5号』
・針…DAIWA『ワイドフック 3.5号』
・アサリしめ液…御用水産『御用液』

9月5日にまたまた佐島・志平丸へ行って来ました。当店スタッフ小澤・樋口が行くということで、急遽カワハギ釣行を決定。
前日は潮が濁り釣果が少し落ちておりましたが、それでも今期のカワハギは釣れています。当日は濁りも取れ、逆に透明度が高く、浅いエリアではエサが落ちていくのがかなりの水深まで見えるほど。底に付いたエサが見え、取られたのも見えたくらいです。

開始一投すぐに掛け1匹、すかさず2匹と好釣の予感がしましたが、そうは上手くいかずポツポツと掛かります。10時〜11時頃がかなりの魔の時間。それまで20匹釣っていたものの、その間は2匹ほど追加出来ただけ。11時頃に釣れた1匹から、また喰い出しました。12時頃で29匹です。残り時間は1時間半ほど。残り1時間で34匹、こうなると40匹台に乗りたい!13時9分に38匹、残り時間5分前で1匹追加で39匹。これはいくしかありません!

残り2分ほどで当たりが掛けられず仕掛を回収すると、なんと3本の針すべてがフグ?にやられたのか針がありません。あぁ、エサホルダーの横の針はすべて終了。準備していては間に合いません。終わった…とつぶやくと、横にいたお客様のI様が針を3本、すっと差し出してくれました。ありがとうございます!すぐに付けてラスト一投、船頭さんの「本日は終了です、上げた方から片付けてください」との終了の声。
着底したオモリをタタきゼロテンションに。竿先の違和感で合わせます。ゴッゴッゴッ、きたーー!ゴリゴリ巻いて上がってきたのは…カワハギ!40枚目!I様、ありがとうございます。おまけの一匹、釣れました〜。

今回の使用タックルでおすすめ品があります。PEラインのサンライン『オーシャンPE』(新製品)です。興味のある方は、使用感を書きましたのでこちらからどうぞ。

また、アサリのしめ液・御用水産『御用液』。これもすごく良かったです。生アサリの剥き身を海水で洗い、水を切ったらタッパー等に入れ、この御用液を入れて混ぜます。クーラーの中で保管しながら使いますが、ベロや水管は硬くなるものの肝はさほど硬くならず柔らかいまま。
抜群だと思います!冷凍してもあまり変わることが無いらしく、余ったアサリも液につけて冷凍庫へ!

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。 【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ 【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上! 【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事