【日付】 2014年9月14日
【船宿】 佐島・海楽園
【タックル】
・竿…DAIWA『極鋭カワハギスピニング』
・リール…DAIWA『トーナメントISO Z3000LBD』
・仕掛…DAIWA『快適カワハギMV幹糸4本針仕掛』
・ハリ…DAIWA『パワースピード7号7cm』

スタッフ小澤釣行記〜カワハギ〜

今回のカワハギ釣果報告は小澤が担当します。
この日はいつもお世話になっている佐島・志平丸のカワハギ船の『福本章吾船長』より、「今度の定休日に一緒に隣の海楽園さんへカワハギ釣りに行きませんか?」とのお誘いを受けたのがきっかけで、店のスタッフ、お客様含め総勢6名で佐島の海楽園さんから釣行してきました!

今季カワハギ絶好釣な佐島沖、他地区と比べてず〜っと安定した釣果が出ています。良い日はトップで60〜80枚!平均で30〜40枚という好釣ぶり!私も今回で今シーズン8回目のカワハギ釣り。うち5回は佐島で、平均枚数は計算したら45枚!…30枚ではちょっと物足りない!?枚数感覚がおかしくなるほどの釣れっぷり!

スタッフ小澤釣行記〜カワハギ〜

6時に15名の釣人を乗せ出船。私の釣座は左舷9名の真ん中。ポイントは港前、水深なんと3m〜5m!潮が澄んでいるので底までくっきりです!船長の話では、前日よく釣れたのは「びっくり!水深2m!」とのことでした。

スタッフ小澤釣行記〜カワハギ〜

針は前回苦戦したハゲ針糸は使わず、オールスピードで挑戦しました。…が、渋い…。船中なかなかアタリがありません。船長の話だと、どうも潮が流れていない様子。
そんな中、トモのスタッフ樋口&常務がキャストしたりしてポツポツヒットさせています。しかも良型ばかり。そこで私は自分の仕掛けに少しでも興味を持って貰おうと、派手めの集器(ケミホタル)をセット。マメに誘いをかけているとポツポツヒット。途中、隣の章吾船長に「小澤さんの仕掛、根と根の間のいい所に入っていますね!釣れますよ!」と言われた途端、いきなりヒット!これが僕の今日イチ24cm。

その後根掛かりで仕掛をロストしてしまい、集器をDAIWAのピラピラ集器に変更して連釣!どうも魚の多い場所があるようで、うまくそこに当たると連続でヒットしてきます。ただ潮が澄んでいる割には魚が宙に浮かず、ほとんどが誘いからのゼロテンションの底の釣り。途中、2〜3カ所だけ魚の浮いている場所があり、そんな所では長くは続きませんが宙で2発、3発と連続ヒットしました。

10時過ぎにやや深場(15mくらい)に移動してからは、どうもピラピラ集器ではアタリ感度が悪くなったので、中オモリに変更。水深、潮の流れに対して1号から2号のオモリを使い分けていくと、ポツポツヒット。

スタッフ小澤釣行記〜カワハギ〜

終わってみれば31枚。この日の竿頭になれました。次点はトモのスタッフ樋口で27枚でした。左隣のハギ釣り2回目の鈴木君も8枚(今度ちゃんと教えてあげるからね)。以前、マルイカ釣りでボコボコにやられた(僕の3倍以上釣った)章吾船長は、前半かなり苦戦していましたが、さすがに後半追い上げて22枚とのことでした。

とにかく今年の佐島沖のカワハギは魚影が濃いです!濃いですけど、マメに誘わなければなかなかたくさん釣れません。
でも魚はいっぱいいるので、初心者の方でもそこそこ釣ることが出来ますよ!あなたも今年からカワハギ釣りを始めませんか?楽しいですよ♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。
伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!?
ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑)

【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ
【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪
【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです)
【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事