【釣行日】 2014年11月28日(金)
【時間】 12時〜17時
【場所】 熱海 伊豆山港
【船宿】 第10喜久丸
【釣果】
・小澤…カワハギ18cm〜27cm/47匹
・樋口…カワハギ18cm〜27cm/43匹
【タックル】
・ロッド…DAIWA『極鋭カワハギスピニング』
・リール…DAIWA『トーナメントISO Z 3000LBD』
・ライン…PE0.6号
・針…DAIWA『D-MAXカワハギ パワースピード8号、8.5号』

スタッフ小澤樋口釣行記〜カワハギ〜

今回のカワハギ釣行はいつもと違う場所に行ってみよう!とのことで、スタッフ樋口と熱海の午後船へ初アタックしてきました!午後船は昼の12時出船なので、前日ゆっくり寝ることができて幸せです!

スタッフ小澤樋口釣行記〜カワハギ〜

スタッフ小澤樋口釣行記〜カワハギ〜

お世話になったのは伊豆山港の喜久丸さん。定刻12時に6名の釣人を乗せて出港。最初の釣場は港を出てやや東沖の弁天岩と呼ばれる磯の真沖、水深30mくらいからスタート!
ここで小澤、なんと1投目から27cmの良型ゲット!続けて2連チャンで早くも3枚ゲット!さすが熱海!魚がいっぱいだ!と思ったら、それっきり…。樋口にいたっては、この時点でまだボーズ。

2時間くらいねばり、午後2時前に場所移動。次の場所は港の西側、定置網まわり。「はいドーゾ」、船長の合図で仕掛を落とすと…スゴいことに!!上から下までカワハギだらけなのか?宙でも底でもアタリっぱなし!!しかもスレてないのか、アタリ→アワセる→掛かる→アタリ→アワセる→掛かる!の至福のサイクル。この釣り場ではずっとこの状態!ダブルだけでも5〜6回ありました。特に底で釣っている樋口は、やや小ぶりながらも釣れればほとんどがダブル、ダブル、ダブル!10回くらいあったのかな?結局この場所、4時までの2時間ほどは超入れ食い状態!

スタッフ小澤樋口釣行記〜カワハギ〜

船長に「夕マズメは大型狙いで最初のポイントに戻ります」と、薄暗くなってきた午後4時前に後ろ髪を引かれながら元の場所へ移動。陽が沈み暗くなって船の電気がつき、「いよいよ爆発タイムか!?」と期待するも、船長いわく「反応はあるけど潮が動かず喰わない」とのことで、エサすら取られないまま。このポイントでは2枚追加しただけで、夕マズメは何事も無く終了…。

スタッフ小澤樋口釣行記〜カワハギ〜

スタッフ小澤樋口釣行記〜カワハギ〜

結果、小澤は全部で47枚。うち5枚は最初と最後の3時間なので、実質2時間ちょっとでこの釣果!樋口もダブル連続で追い上げて43枚!船長によると、普段は最後のポイントで夕マズメに大型が入れ食いだとか?!
しかしまさにカワハギパラダイス!夢のような2時間でした!

キモは大針!太ハリス!平均サイズが大きいので、小バリ、細ハリスだと針伸びやハリス切れ、ハリ外れが多発です!しかもスレていないので、8.5号のパワースピードでもガンガンアタッてくるし、大針でも飲み込まれることが多かったです!
あと棚ですが、浮いているときは底から5mでも釣れました!
熱海沖、ヤバいです…クセになりそうです!

最後に、伊豆方面の遊漁船は職漁船タイプなので、船ベリに竿を立てる穴が開いていない船が多いです。万力タイプのロッドホルダーをお忘れなく!(船ベリトレイが使えなくなります…)

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。
伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!?
ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑)

【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ
【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪
【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです)
【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事