【釣行日】 2015年5月15日(金)
【場所】 二ノ宮沖
【船宿】 ちがさき丸
【釣果】
・マルイカ…14杯
・ムギイカ…43杯
【タックル】
・ロッド…DAIWA『極鋭マルイカレッドチューンM-140』
・リール…DAIWA『スマックレッドチューン100HL』(旧製品)
・ライン…PE1号
・針…DAIWA『ミッドスッテ43ハダカ』
・オモリ…DAIWA

タックル

タックル

DAIWA『スマックレッドチューンSH-L』

『スマックレッドチューンSH-L』

前回の佐島釣行から1週間、今回は地元茅ヶ崎から出撃です!
午前6時半に出船した石塚光洋船長の操船する『ちがさき丸』で、まずはエボシ岩周りの水深25m前後からスタート。しかし前日までの台風の影響で、海は茶色く笹濁り、反応がなかなか見つかりません。たまに投入の合図があるも触りも無し…。

小一時間やって30分かけ二ノ宮沖へ移動。既に移動していた茅ヶ崎の船や平塚の船と合流。辺りには海鳥がたくさん飛んでいて、イワシのナブラもあちこちに…。雰囲気はあるのですが、なかなか反応がつかまりません。やっと投入の合図が出てもすぐ回収…。どうやら群れの移動が早いみたいです。
移動後、1時間くらいして初めてのアタリ!上げて来るとムギイカのダブル。続けて投入するも反応なし…。回収の合図で再び投入。すぐ着乗りで3杯ゲット!続けて投入→反応ナシの繰り返しで昼までに20杯くらいでしょうか?(マル3杯)

しかしこの日はここからがすごかった!何回か小移動を繰り返し、納竿まで1時間を切った12時半過ぎ、突然何の前触れもなく怒濤の入れ乗りタイムがスタート!仕掛を落とすとすぐ着ノリ!まずはムギイカが5本仕掛に3杯、4杯と次々付いてきます。みるみるバケツがムギイカで埋まっていきます!

そしてラスト30分は触るけどアワセても掛からない!タタいてじらしてもダメ!そこで途中でコンスタントに釣れた『ゼロテンション』を試すとこれが大正解!巻き落としを繰り返すと、竿先のテンションが抜けた状態から「フルルッ」「フルルッ」とラインと竿先を僅かに震わせる微妙なアタリ!アワセると全部マルイカ!しかもオモリのテンションが抜けているせいか、すべてスッテをしっかり抱いています!楽しい!実に楽しい♪

釣果

釣果

時間はまだありましたが、数を数えたり沖漬けを造るため少し早めに納竿。結果、マルイカ14杯、ムギイカ43杯の合計57杯、数だけなら自己記録更新できました!

この日の収穫は『ゼロテン』時のアタリの出方が解ったことです!通りでみんな、繊細な穂先を欲しがるわけですねぇ~♪でもノーマルの『極鋭マルイカレッドチューンM140』でもハッキリとアタリが分かりましたよぉ~♪

ますますマルイカ釣りにハマってゆく小澤です(笑)

沖漬け・刺身

沖漬け・刺身

う~ん。ムギイカの沖漬け、やっぱりマイウ~♪

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。
伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!?
ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑)

【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ
【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪
【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです)
【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事