【釣行日】 2015年8月10日
【釣行時間】 6時頃
【場所】 佐島
【船宿】 志平丸(仕立)
【釣果】 カワハギ…10cm-23cm/33匹
【タックル】
・ロッド1…DAIWA『極鋭カワハギレッドチューンAGS SF』
・ロッド2…シマノ『ステファーノ攻MH200』
・ロッド3…がまかつ『カワハギEX 極先調子173』
・リール…シマノ『ステファーノ201XH』
・ライン…よつあみ『ベラガス船PE X8 0.8 100m』
・オモリ…フジワラ『六宝型オモリ』相模屋特注カラー

NEWカワハギ竿を使ってみました!
DAIWA・シマノ・がまかつの気になるカワハギ竿を試してきましたので、使用感などより詳しくは店頭にてお声掛けください。

今回は8月10日(月)、佐島・志平丸さんでのカワハギ釣行でした。
志平丸さんではまだカワハギ船は出していませんが、色々と試してみたいことがあったので、集合船ではなく仕立て船にして、NEWカワハギ竿も含め試してきました。

DAIWA・シマノ・がまかつ2015NEWカワハギ竿試釣レポート

もちろん今回はフジワラ六宝型相模屋特注カラーの実力も試すため、全カラーを購入しての釣行(笑)実は更にもう1色あるのですが、製作に少し時間がかかっているようですので、入荷はもうしばらくお待ちください。

がまかつ『カワハギEX 極先調子173』

当日のスタートタックルは、がまかつ『カワハギEX 極先調子173』にシマノ『ステファーノ201XG』。針は好きなDAIWA『D-MAXカワハギワイドフック3.5号』を使用しました。

がまかつカワハギEXの感想は、テクノチタントップソリッドによる感度上昇は感じられます。目感度よりも手感度という感じで、オモリを底に付けた状態より、オモリを切った状態が得意な竿といった印象でした。

シマノ『ステファーノ攻MH200』

DAIWA・シマノ・がまかつ2015NEWカワハギ竿試釣レポート

次に使ったのが、シマノ『ステファーノ攻MH200』。
2mの長竿と聞いたときに、「いる?」って正直思いました。軽いけど…「2m、いる?」って…。

ごめんなさい!!これすごく良かったです。使用していて2mを感じさせません!この日、正直一番使ったので、自重があるため他の竿より重さは感じましたが、最終的には大丈夫って感じでした。

この竿は、穂先部は適度な柔らかさがあるのですオモリを底に置いての釣りもいけますが、オモリを切っての誘い掛けが良かったです。カワハギのカチッという気配をk名時鱈、喰ってくる誘い速度を探していくと穂先がクイッと入った感じで、そのままカワハギ特有のガッガッガッという感じで乗せていきます。掛けた後は、適度な粘りのバットと2mの長さがカワハギをいなしてくれます。

DAIWA『極鋭カワハギレッドチューンAGS SF』

最後はDAIWA『極鋭カワハギレッドチューンAGS SF』。

今回どのシリーズよりも穂先が柔らかい超柔軟穂先!極鋭表記1134設計。驚いたのは落とし込み中での目感度の凄さ!!小さく出る違和感が、早く!また大きく!出る感じです。ゼロテン時も同様に当たりの出方がよく分かります。
そんな穂先なのですが、オモリ操作も難なくこなせます。

是非今シーズンの皆さんの竿選びの参考にして下さい。

フジワラ『六宝型オモリ』相模屋特注カラー

DAIWA・シマノ・がまかつ2015NEWカワハギ竿試釣レポート

フジワラ『六宝型オモリ』相模屋特注カラーは、是非初心者の方などお試しください。3ヶ入りで500円とカラーシンカーではリーズナブルです。

今回の釣行では浅場なこともあり、レモンイエロー、蛍光オレンジを中心に使用しました。当日は雨が降ったり、晴れたり、曇ったりと天候は様々。
レモンイエローで釣っていて、何か当たりが遠のいた気がしたので隣を見てみると、カワハギを掛けています。オモリを見るとホワイト。もしやと思いパールホワイトに変えると当たりが出て来ました。

ふと天気を確認すると、なるほどさっきより雲がかかり、かなりの曇天。やはり曇りや深場は白いとがいいなぁ。と、見えていなかったのを反省し、陽が差したらまたレモンイエローや蛍光オレンジにチェンジしたりと試してみました。
直接釣果に関係したかどうか?はありますが、目先が変わり変化があったのは確かだと思います。

信じるか信じないかは、あなた次第!(笑)

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。 【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ 【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上! 【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事