【イベント名】 SHIMANO Bass Session
【開催日】 2018年5月9日(水)
【場所】 千葉県 高滝湖
【施設名】 高滝湖観光企業組合前

少し遅れてのご報告なりますが、今年のシマノ新製品が実釣を通して体感できる”SHIMANO Bass Session”に参加してまいりました。
開催当日は雨・風ともに強かったため、予定していたボートでの実釣は中止となりましたが岸、釣りをメインに体感してきました。メーカー開発担当の方やバスプロの山木一人氏・佐々一真氏も特別参加で製品のスペックなどを細かく聞く事が出来ました。

2018年リリース目玉と言えば、やはり18ステラ。こちらもばっちり実釣を通して体感しました。評判通り巻き心地・剛性感が大幅に向上しており、ライン巻き取り中は毎投ニヤニヤしてしまいました(笑)

持ち込まれていたタックルはほとんど触れる事が出来よい勉強になりました。
新製品が非常に多く、製品ごとに私のインプレッションを書き連ねてしまうと収拾がつかなくなってしまうので…(汗)なかでもスタッフ吉田と一押しが重なった―。

『18バンタムMGL』

これはすごかったです。

当店でも発売以来ものすごい人気であっという間に完売してしまったベイトリールです。
コンパクトボディに似合わないボディ剛性で、スピナーベイトやクランクベイトなどの巻物での使用感は秀逸です。抵抗の強いルアーをスルスルと巻けるフィーリングは病みつきになります。ラインキャパは関東では比較的多めの16lb-100mですが、MGLスプールのフィーリングと相まって10g以下のプラグも難なく投げられてしまいます。
自重も215gと昨今の軽量リールと比べると重い部類ですが、実釣時には気にならずルアーを軽く扱える事の快適さの方が目立ちました。
うーん、欠点が見当たりません(笑)これでお値段も手頃とあっては人気になりますね。
これから巻物用リールを検討される方にぜひ検討して頂きたい…いやぜひ購入して頂きたいリールです。

ご来店の際はぜひお気軽にルアーコーナースタッフの吉田・石井までお声掛け下さい。
シマノ新製品もばっちり体感してまいりましたので、皆さまのご相談にお答え致します。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。
他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。

【担当コーナー】
ソルトルアーコーナー
【好きな釣り】
ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。
【一番の大物】
相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。
【船酔い対策】
睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事