【開催日】 2018年5月13日(日)
【場所】 東京湾 金沢八景周辺
【船宿】 金沢八景 太田屋
【告知ページ】 こちら
【当日の写真】 こちら

今回は相模屋で初開催となる”ルアーマゴチ実釣会”を行いました。
ルアーマゴチといえば最近メディアでも取りざたされており、人気がじわじわと上昇している釣り物です。
今回は12名の参加者が集まりましたが、そのほとんどが釣り経験者でしたがルアーマゴチは初挑戦という初々しい布陣。

講師はもちろん東京湾のルアーマゴチを黎明期(めいれいき)より取り組んでいる、CLUE社の新谷氏を迎えました。そしてCLUEプロスタッフの伏見氏・林氏も参加いただき、参加者の皆さんもサポートして頂きました。

船宿は金沢八景の太田屋さんを利用させて頂きました。県内のルアーマゴチの乗合船は数が少ないのでありがたい船宿です。船長の佐野さんもルアーマゴチに精通しており、乗り合い利用時には初心者にレクチャーもしてくれるので安心です。

ポイントは金沢八景周辺の水深6m~13mの砂地をメインに探っていきます。
この釣りはとにかく”底取り”が重要になってくる釣りです。水深は浅い場所での釣りになりますが、この底取りが意外と難しい。左舷と右舷でルアーのコントロール方法が異なる為、臨機応変に対応する事が重要です。講師やプロスタッフの方にコツを教えて頂き、すぐに釣りに慣れていました。

ところがこの日は水温が下がってしまったことにより、マゴチの活性が低くなかなかアタリが出なくて苦戦しました。開始から1時間ほどで待望のマゴチをキャッチ!サイズも50cmほどの良型でした。これで参加者の”釣り師スイッチ”が入ったようで、ぽつぽつとキャッチやアタリが出るようになりました。
風や他船の釣果などを参考に移動を繰り返しましたが、潮止まりからまた厳しい展開が続き雨雲も広がって来ました。アタリも少なくなってきたこともあり、最初にヒットがあったポイントに戻りました。ちょうど潮変わりのタイミングも重なり、移動直後にヒット!
すぐさま別の方にもヒット!続々と良型のマゴチがキャッチされていきます。皆さま苦労の末の良型キャッチで笑顔がこぼれます。
沖上がり1時間ほど前から雨も降り出しましたが、これがマゴチにスイッチをいれたようで更にヒットが続きました。プロスタッフの林氏も短時間で連続キャッチし、パターンを皆さんと共有していました。この時合で当店のスタッフ吉田も良型のマゴチをキャッチ!

いよいよ雨も強まり、竿仕舞いというタイミングでビッグバイトが!!明らかに竿の動きが違います。首振りも相当に強かったため、なかなか寄りません。ばらさないように慎重にやり取りし、浮き上がってきた瞬間―。

『デカイ!!!』

一気に網入れを行い、無事にキャッチされたのは太田屋レコード2位の63cmのビッグマゴチがキャッチされました。
キャッチされた高橋様は『釣れなくて心が折れかけたけど、諦めなくてよかった』と素晴らしい笑顔を見せてくれました。この網入れは私、石井が行ったのですが―本当に嬉しかったです。マゴチ釣りは網入れもバラシが多いため、プレッシャーで心臓バクバクでした(笑)

今回は惜しくも全員マゴチキャッチとはなりませんでしたが、釣り方のコツやマゴチ釣りの醍醐味はご体感いただけたことと存じます。マゴチは水温が上昇して来るこれからは李シーズンとなっていきますので、今後も挑戦して頂けたら幸いです。

ご参加いただいた皆さまお疲れ様でした。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事