【開催日】 2018年7月15日(日)
【船宿】 平塚 庄三郎丸
【告知ページ】 こちら
【当日の写真】 こちら


夏の相模湾名物の“ルアーシイラ”

今年も“相模屋シイラ初心者実釣会”を開催しました。船宿は平塚港の庄三郎丸さんにお世話になりました。今年で3回目の開催となりますが、おかげさまで毎年多数の参加をいただいております。今回は22名の参加者にお集まりいただけました。
講師にはサプライズの椙尾和義氏、ゲスト参加でマングローブスタジオの上屋敷隆氏にもご参加いただけました。
当日の平塚港は連休ということもあり、どこの船宿も大盛況。なかでもこのシイラは最近の釣果にあてられて満員御礼でした。庄三郎丸さんでは仕立て含めて4隻出しでした。

出船前に桟橋にて挨拶と簡単な説明を行い、出船しました。
天候にも恵まれ当日はピーカン+無風の絶好のシイラ日和!-ですが人間にとっては非常に過酷な状況で、ルアーオフショア経験の少ない参加者の皆さまには酷だったでしょうか(^^;
しかし!シイラの活性はまずまずで朝一のポイントでさっそくヒット多数!
活性高めでチェイスやヒットはあるものの、なかなかキャッチに恵まれません(^^;そんな中、ミヨシのアングラーにビッグバイト!!!シイラらしいジャンプを繰り返し、激しいファイトの末にあがってきたサイズはメーターオーバー!キャッチした参加者も大きなシイラとのファイトで汗だくでしたね。サイズはなんと120cm!自身のレコードサイズが船中一匹目のキャッチとなりました。ヒットルアーはマングローブスタジオのマヒジャークでした。

そこから潮目の浮きごみを流していく定番のスタイル。船の動くスピードに合わせて、投げて・巻いてという基本動作を繰り返していきます。皆さん釣りの経験者でしたが、なかなか苦戦していました。これはある程度は“馴れ”も必要なところもありますので、この実釣会以降もシイラに挑戦して経験して欲しいですね。
陽が昇ってからは少しシイラもトーンダウン。しっかりと誘えないとなかなかヒットに繋げにくく、出来る人とそうでない人で差が出ました。このような状況だとシンキングペンシルが使い易く、スギペン110(S)やアトゥーラ120がチェイス・ヒットさせていました。

潮目のごみを流していると突然、反対舷方向でナブラがたちました。船長からカツオナブラとのアナウンス。ナブラに何度も撃ち込んでは見ましたが、残念ながらヒットは出ず。どうやらシラスナブラのようで、攻略難度“激ムズ”のナブラでした(^^;カツオナブラを初めてみた方も居て、サプライズになりました。

その後は時間の経過とともに潮が緩み、散発の跳ねや浮きごみを狙っていきました。たまにシイラをキャッチ出来たものの、サイズが朝より2~3ランクぐらい小さくなってしまいました(苦笑)

残念ながら全員キャッチとはなりませんでしたが、皆さん出船後よりも一連の動作がスムーズになっていました。次回、シイラ船に乗っていただければ間違いなくシイラをキャッチ出来ると思いますよ(^^)今年のシイラは非常にサイズがよく連日メーターオーバーで賑わっています。数も比較的取れている傾向ですので、ぜひプライベートでも釣行に出かけて欲しいですね。

ご協賛・ご協力いただいたメーカーの皆さまにこの場をお借りして御礼申し上げます。
また講師の椙尾氏・上屋敷氏の両名も連日のイベントの中、ご協力いただき感謝の念に堪えません。より良いルアーイベントを開催できるよう模索してまいりますので、またのご参加をお待ちしております。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

アジングのようなライトゲームからマグロのビッグゲームまで『楽しみながら・美味しく』で釣りをしています。当店からアクセスのよい相模湾・東京湾はルアー釣りで一年中楽しむことが出来ます。美味しい魚もたくさん釣れるのでぜひ釣りに行ってください。わからないことがあればお気軽にご相談ください。自身もレベルアップすべく、日々勉強中です。一緒に釣りを楽しみましょう。とくに初心者・入門者の方は大歓迎です。 他にもエリアトラウト・バス釣りは釣り歴も長いので、ご相談はお任せください。 【担当コーナー】 ソルトルアーコーナー 【好きな釣り】 ルアー釣り全般。その季節の旬のルアー釣りを追っています。 【一番の大物】 相模湾でのキハダ。20kgサイズには届きませんでしたが、15kg前後を海面でバラしてしまいました。まさにバレた魚は大きい…。 【船酔い対策】 睡眠を必ず取ること。-と言っても、睡眠時間2~3時間での釣りが多いため、睡眠の質を上げています。

関連記事