スタッフ吉田

コーナー担当:吉田輝彦

タチウオは食べるために釣る!!
たくさん釣ったらいっぱい食べられるでしょ(笑)

スタッフ石井

コーナー担当:石井広海

東京湾・駿河湾で大人気の釣りモノです!
もちろん私も大好きなジギングです。
ライトなタックルで、あのガツーンと突然に襲ってくるバイトはやみつきになります♪

スタッフ千鮎

タチウオジギングはいろんな楽しみ方があるんです!!竿頭を目指す数釣りはもちろんですが、ドラゴンを求めてトライし続けるのもいいですし、このジグで人より釣る!!っていうのも楽しいです♪

売場紹介

フィッシング相模屋タチウオジギングコーナー

人気のタチウオ用ジグ揃ってます。
当店の一番人気は、東京湾で実績の高い『CLUE』社のメタルジグです。
サーチルアーの『BASE』、タフコンディションで強い『ASSAULT』は必携です。

フィッシング相模屋タチウオジギングコーナー

・DAIWA『鏡牙ジグ』
・シマノ『ST(サーベルチューン)ワンピッチ』
・DUEL『ブランカ』
・ヤマリア『バイラバイラ』

などの定番ドコロも充実!

おすすめシーズン

  • 東京湾…夏~冬
  • 駿河湾…夏~冬

タチウオ(ジギング)釣りの持ち物・服装

持ち物(必須)

  • ロングノーズプライヤー
  • フィッシュグリップ(ハサミタイプ)
  • 予備のメタルジグ(5個ぐらいあると安心)
  • 35-40Lクラスの長方形のクーラー(タチウオを入れられるサイズ)
  • グローブ(付けることをオススメします!)
千鮎
タチウオ釣りでは、フックが刺さることがありますし、タチウオにも噛まれます。グローブで流血騒ぎを防ぎましょう!!

持ち物(あると便利)

  • 絆創膏
  • 交換用のフック

基本のタックル図

石井
上げ下げの多い釣りなので、両軸(ベイト)タックルがオススメです。
やってみよう!タチウオジギングタックル図

ロッド

  • ジギングロッド…長さ6.3ft~6.6ft(190cm-200cm)
  • ジグMAX120-200g

※タチウオ専用竿は尚良い!

リール

  • 両軸(ベイト)リール…小型タイプ
  • PE#1.0-#1.5を200m巻けるもの

ライン

  • メインライン…PEライン#0.8-#1.0を200m(高切れ対策に最低200mは巻きます)※PE1号以上の太さは、船宿によっては禁止されているところもあります。
  • リーダー…4-5号フロロ/1ヒロ
  • リーダー(先糸とも)…8-14号フロロ/50-60cm(8-10号 2ヒロ直結もオススメ)

メタルジグ

  • Wt 80-200g
  • 釣行予定の船宿に聞くのが確実です

担当おすすめタックル

ジャッカル『アンチョビドライバーLJ 63L』

ジャッカル『アンチョビドライバーLJ 63L』

2017年に発売され、当店でもたくさん売れているロッドです。もちろん私(スタッフ石井)も愛用中です♪
ジャッカル吉岡プロが造り込んでいるロッドで、弾性率とテーパーのバランスがバツグンです。
水深0-80mくらいまでカバーできるので、初めての1本におすすめします。

DAIWA『鏡牙AIR 63B-1S』

DAIWA『鏡牙AIR 63B-1S』

ベテランタチウオアングラーの方が好んで使っているロッドです。
「大丈夫?」と感じるくらい柔らかいロッドですが、ココが釣れる秘訣なんです。
喰い渋り時に釣果に差が出る魔法のロッドです。駿河湾にもおすすめです。

DAIWA『キャタリナIC 150SH&SHL』

DAIWA『キャタリナIC 150SH&SHL』

2018年秋にリリースされた液晶付き両軸リールです。
メタルフレームで剛性も高く、ATD搭載でドラゴン級とのやりとりも安心です。
スタッフ石井的に、巻きのパワーがあるロングシングルハンドルをおすすめします。

シマノ『』グラップラー プレミアム150XG&151XG

シマノ『グラップラープレミアム150XG & 151XG』

2018年発売とともに爆発的な人気のリールです。
ハガネボディ、ハガネギア、マイクロモジュールギア、シンクロレベルワインダー…と、タチウオジギングにおいて必須の機能が満載です。
フォールパターン時に有効なフォールレバーで、誘いの幅が広がります。

シマノ『サーベルチューン ワンピッチ』

シマノ『サーベルチューンワンピッチ』

シマノからリリースされたタチウオ専用のメタルジグです。
コンパクトボディ&リアバランスで沈下が早く、ラインも立てやすいモデルです。
フラット面が多いのでジグの動きも感じやすく、入門者におすすめです。

タチウオ(ジギング)釣りQ&A

メタルジグは何グラムを持って行けば良いの?

吉田
基本は80-100gでOKです。釣れている水深が深かったり潮が速かったりしたら、120-200gあればOKです。

千鮎
基本は80-100gで大丈夫ですが、潮の流れやアタリの出具合など、海出てみないと分からないので、必ず重いジグを一本用意しておくことをオススメします。潮が速くなくても自分だけ釣れない!なんてときは、重いジグを使ってみるのも良いと思います。

どんな色がよく釣れるの?

千鮎
東京湾…今期は東京湾・駿河湾ともにピンクが強いです!定番のパープルも釣れますが、ピタッと止まることがあります。周りがピンクを使っているときの赤金も効きます!あとはそのカラーを信じることです(笑)(絶対に釣れるのはドピンクです!!)

タチウオ専用ロッドじゃなきゃダメですか?

石井
一般的なライトジギングロッドでも、もちろん使用できます。タチウオジギングで使うウェイトキャパの竿をお使い下さい(^▽^)v
しかし!!専用竿は圧倒的に釣果が伸びます!!
たくさん釣りたくなってきたら買い替えをオススメします!!ご相談に乗りますよ(笑)

雑誌を見ると、ジグにたくさん針が付いています。何を使えば良い?

石井
釣り場や人により違いがありますが、オススメはトラブル回避型です。具体的には、
<フロント>アシスト(スイベル)3本針(タチ専用or#3トレブル/例:CLUE『タチウオアシストフック』など)
<リア>タチウオ専用トレブル&クワトロフック#1/0-#2/0(例:オーナーばり『STT-33ドラゴン太刀3本』など)

※フックシステムは、釣り場や船宿でローカルルールが存在する場合があります。利用される船宿のウェブサイトを事前に確認しましょう。

リーダーと先糸(リーダーとも)について教えて!!

千鮎
リーダーに先糸を付ける付けないは人それぞれですが、ジグをロストするのを恐れてリーダーを太くしすぎると、せっかくのジグの動きを殺してしまいます。リーダーも先糸も、太ければ太いほど良いというわけではないんですよ。リーダーはフロロの20lb(5号)を1.5-2ヒロくらいで十分です。
ジグロストが不安な方は、フロロの40-50lb(10号あればOK)の先糸を30-40cmほど結合すればOK!!
※それでも切られるときは切られてしまうので、ラインチェックは必ずして下さいね
※針に近い方のリーダーを『先糸』と呼ぶこともあります。

おすすめの食べ方

  • あぶり刺身
吉田
三枚おろしにして、皮をバーナーで炙り、氷水で冷やす。(個人的には少し焦げるくらい炙った方が好きかな)キッチンペーパー等で水分を取り、刺身にするだけ!!超~うまいよ!!
  • てんぷら
千鮎
個人的に一番好きです!!自分では作れません(笑)