シマノ-ステファーノシマノ-ステファーノ

シマノから、今季カワハギロッドとリールが満を持して発売されました。

もうカワハギフリークの方ならご存知のはず!

ロッド重量65g!リール重量140g!合わせて205g!!

超絶の軽さです。もちろん軽さだけなら紹介しません。

 

まずは、竿からご説明致します。穂先はTAFTEC+HIPOWER X TIPで高強度・高弾性に優れ、ネジレによるパワーロスや感度の鈍化を抑える事により、カワハギのモタれ・アタリを明確に伝えます。

そして私が最も伝えたい部分がリールシートです。最初にサンプルを持ったときのフィーリングの良さ、もちろんリールを付けての事です。何故フィーリングが良かったかというと、いわゆるトリガーシートが無いのです。

細かく言えば、EVA素材がトリガー形状(といっても少しひっかかるくらいの形状です)になっていてソフトなフィット感があり、どう握っても一日中釣りをしても楽な事は想像できます。

きっと皆様の手にも使いやすく持ちやすいと感じられるのではないでしょうか。

 

続いてリールですが、完全にカワハギ専用と思ってもらってもよいかもしれません。ギア比7:0 ドラグ力3㎏となっております。

ギア比に関しては、糸が早く巻き取れるので、糸フケが取りやすく高速仕掛け回収での手返しの良さが違います。

ドラグは、ハンドルの外側(今までのは内側)に位置している為、リール本体に限りなくハンドルが近くなっています。これにより、ハンドルを回した時のリールのブレを抑制し7という超HIギアでも巻きやすくなっています。

このリールは、140gという軽さが一番に目を引くのですが、私が伝えたいところは、『小さい』と言う事です。ベースとなっている、バスリールのアルデバランより1㎝幅が狭くなっています。

手にすっぽり包めてしまうサイズ。このサイズによって可能になるのが、巻き取り時の安定がもたらす『疲れにくさ』魚の状態をより把握できる情報量がもたらす『バラシの防止』。

更には、竿を持っている手でハンドルを回す事が出来ます。もちろん手の大きさや持ち方にもよりますが、クラッチのON・OFFやちょい巻きもできます。シマノ的には、「S-TURBINE HANDLE」と言うそうです。

 

少々長くなりましたが、それだけこの竿やリールは私には衝撃だったということでしょう。

是非お買い求め下さい!と自信をもっておススメできるカワハギタックルです!

それでもお悩みの方は、船担当川嶋迄ご来店時にお尋ねください。

P.S 9/5に使ってきますので、感想を聞きたい方は、同じく私川嶋迄お願い致します。

 

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

ただいま子育てのため禁漁中。はやく解禁したいと思います。…いつのことやら(T_T)

【担当コーナー】 船、クーラーBOX
【好きな釣り/魚種】 アカムツ、キンメ、アコウ、ベニアコウ、クロムツなど。あとは石垣島での釣り。
【印象に残る釣り】 オナガダイやアカジン釣り
【船酔い対策】 出船前に食べる、酔う前に食べる…