SHIMANO SPORT CAMERA

SHIMANO公式サイトはこちら

実際の映像など、動画はこちら

シマノが何と、スポーツ用カメラを2014年4月に発売!
大阪フィッシングショーで話題の『SHIMANO SPORT CAMERA』、相模屋はたくさん入荷する予定です☆

「何に使うのか分からないし、防水デジカメでいいのでは…」
そんな貴方に、普通のデジカメとの違いを簡単にご説明致します!

超軽量で持ち運びやすい

バッテリー&レンズプロテクター込み『重量86g』、これは驚異ですよ!普通の防水デジカメは160g前後。なんと約半分の重さ!出来るだけ身軽に行きたい釣行には最適。大きさも70.1×44.2×30.3mm、一回り小さくて少し分厚いタバコの箱程度でしょうか。普通の防水デジカメが10cm×7cm×2.5mm程度であることを思うと、かなり小さいですね。

で、この小ささをどこに活かすかと言うと、ヘッドマウントでのファイト撮影です!狙った魚との熱いバトル、釣り上げた後の記念写真だけではもったいないですよね。胴体に巻いて固定する『チェストマウント』、帽子に装着する『キャップマウント』も別売りしていますので、激しいファイトでも安心です!帰宅後の反省会や自慢話にも大活用?!

10m防水、汚れや埃に対応、水洗いOK

防水・防塵・防汚は当たり前として、『10m防水』って必要?普通の防水デジカメではあまりやりませんが、ここは釣り向けカメラ。海の中に直接沈めて海中を見るときに使えます!「この辺りに魚いるかな?」「海中の濁りは?」なんてときはもちろん、気分転換の海中散歩などにもいかがですか?
もちろん水洗いOKですので、使用後は他のタックルと一緒に丸洗いしてください。

2ボタンのシンプル操作

全自動モード、プログラムモード、マニュアルモード、マクロモード、夜景モード、顔検知モード…。デジカメは設定がたくさんあって迷いますね。
このスポーツカメラ、ボタンは2つのみ!「いざヒット!」そんなときにややこしい設定はしていられません。2ボタンとはいえ、3色のLEDライトと音で確認できるので「あれ?何押したっけ?」とはなりません。

明るいF2.0レンズ&1600万画素&HD動画撮影

1600万画素、HD動画撮影。最近ではスマホでも当然のスペック…ですが、F2.0が驚異的!!ごく簡単にいうと、画像の明るさです。たとえ晴天でも、F値が小さいと暗い画像になってしまいます。反対に、F値が大きいとたっぷり光の入った明るい画像ができあがります。薄暗い朝夕のマズメ時でも安心です!
世界的に有名な某スマホの最新モデルはF2.2だそうで、それよりも明るい!タバコの箱サイズ&超軽量でこの明るさは驚異的ですよ。ちなみに普通のデジカメはF3~4が平均です。

135度〜180度のワイド範囲を撮影

簡単にいうと「魚眼レンズ」!普通のデジカメは前方だけですが、これは真横まで撮影できるということです。右に左に走る魚、カメラを前に向けたままでもしっかり撮影。意外と便利ではないですか?船から見る大海原の画像もばっちり撮影できますね。
魚眼レンズは買うととても高いのでお得だと思います!

Wi-Fi対応で携帯電話からその場で画像送信

撮影した後、パソコンに移すのも現像するのも面倒で、ついそのまま…。Wi-Fi機能があるのでそんな心配はありません!スマホの専用アプリ(無料)をダウンロードしておけば、その場でデータを移せます!携帯の電波が届いていれば、電子メールやFacebook、Twitterにもリアルタイムで送れますね。
ところでこのスポーツカメラ、軽量にするために本体にはモニターがありません。最大のデメリットと思いきや、撮った画像はWi-Fi機能を使ってスマホで確認可能!細かいカメラの設定や、携帯電話からのリモート操作も専用アプリから可能です。本体のボタンは2つですが、出先で細かい設定をしたい場合も心配ありません。デジカメの小さい画面でちまちま設定するより見易いかも知れませんね。

その他、充電時間4時間未満で、連続撮影は約2時間。普通の釣りならまず問題ないですね!また、-10℃から40℃まで対応しているそうで、真夏や真冬の釣りにも安心です。対応メモリはMicroSDカードなので、一般的なパソコンでも読み込めますね。
今後は20m、30mにも対応した防水ケースなど、 各種アクセサリーも発売されるそうですので、今後の拡張性にも期待できます。

ちなみに、サイクリングなどにも想定して作られているので、釣り以外にも活用シーンはたくさんありそうです。意外なところで運動会や結婚式など、景色をワイドに写したいシーンにもいかがでしょうか。その場で画像も送れるので最適!?

気になる価格は、27,500円(定価)…この性能でこの価格、ちょっと信じられません…!

実際にフィッシングショーで見てきたスタッフもいますので、不明な点はぜひお尋ね下さい。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ