【メーカー】 DAIWA
【商品名】 極鋭ゲームシリーズ

DAIWA『極鋭ゲーム』シリーズ

昨年秋口より発売された『極鋭ゲーム』シリーズが熱い!!
この『極鋭ゲーム』シリーズ、対象魚が多彩で使い方も多彩!

こう書くと今までの万能ロッドのイメージが頭に浮かぶかも知れませんが、是非今までのイメージに囚われずに竿そのものを見て下さい!

釣り方はどんどん進化していますし、考え方・狙い方は人それぞれ。
この『極鋭ゲーム』シリーズは、ターゲットシンカーコンセプトにより、竿のバット部に各種記載があります。

DAIWA『極鋭ゲーム』シリーズ

例えばM-175AGSなら『20-30-60』

これはオモリの適合範囲が20号~60号ということを表していますので、その表記のオモリで使えます。
さらに真ん中の『30』、これがターゲットシンカーコンセプト。30号のオモリを使った場合に、穂先全体でアタリを大きく出せるという意味です。
なので、一例を挙げると40号でのライトアマダイで使った場合、小さく押さえ込むようなアマダイのアタリでも分かり易くなったりします。

30号で一番大きくアタリが出ることを考え、狙える対象魚を決めることも、適合範囲のオモリで対象魚を決めることも、自分の好みや釣り方で決めて楽しめる竿なんです!

MC-150AGSは、『5-8-30』というターゲットシンカーですが、マルイカでの仕様に大変注目を集めている竿です。
「ターゲットシンカー8号、マルイカは浅場で30-40号を使用。これって…」

竿の調子で戦略を考える!これも釣りの楽しさですよね。

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

鮎・カワハギの釣り方、美味しい食べ方を模索中です。

【好きな釣り/魚種】 鮎、カワハギ
【釣りたい大物】 鮎・カワハギの尺以上!
【船酔い対策】 (なかなか取れませんが…)睡眠が一番。あとは早めのアネロン!

関連記事