【メーカー】 DAIWA
【商品名】 快適船シンカー TG 25号

DAIWA『快適船シンカーTG 25号』

宙釣り用にと、ふと思いつき、高価ですがタングステンシンカー25号を1個購入しました。

同じ釣り場へ通っていると、根掛かりが少ないポイントが何となく解ってきます。そんなポイントで宙釣り時に使っていたのですが、ひとつ気づいたことがあります。それは…当たり前なのですが…

圧倒的に落ちが速い!

特に水深40-50mの深場では、明らかに差が出ます!他の方より2テンポくらい(時間にして3-5秒)投入が遅れても、TGの方が鉛を追い越して先に着底します!
マルイカ釣りのときは、皆が落下速度に気を使うため、タングステン製オモリを使ってもあまり差は感じませんでしたが…。
カワハギ釣りだと、魚に興味を引かせるため集寄を付けたり、オモリ自体が様々な形をしたりしているので、どうしても落下速度は二の次になり、遅くなります。

タングステンを使うようになって多くなったのが、船がポイントに到着してからの第1投目。
このブッ込み1投目でカワハギが釣れる確率が非常に多くなりました!1投目は着底してもすぐオモリを持ち上げず、糸フケを取ってゼロテンションで待っているとカワハギが食ってくることが多いです!!
このとき、他の人はまだ仕掛が落下中なので当然釣れません。他の人が着底するまでのほんの数秒ですが、このアドバンテージはかなり大です。
何回かピラピラ集寄を付けたままTGを使いましたが、それでも落下速度は鉛を圧倒して追い抜きます!

DAIWA『快適船シンカーTG 25号』

DAIWA『快適船シンカーTG 25号』

鉛製と比べて体積がこんなに違います

また、体積が小さいので仕掛回収時の巻き上げも軽く、抵抗が少ないので、宙釣り時の微妙なモタレアタリも分かり易くなりますよ♪

一応DAIWAさんのカタログに出ていますが、今後の生産予定は無いらしいので、店頭在庫のみになります。
ちょっと高いですが、「ココ一番!」ってときに是非使ってみて下さい!

ちなみにスタッフ小澤のなけなしの1個も、先日サバフグが掛かってやり取り中にロストしてしまいました(泣)
在庫が有るうちに、また数個購入しなくては!(笑)

ウェブサイトの記事は、掲載当時の情報です。
掲載記事と現況は連動しておりませんので、現在の商品在庫状況やイベント空き人数など、最新状況は必ずお問い合わせください。

投稿したスタッフ

JUNと呼んでください。 伊豆方面や伊豆諸島の磯釣りのことならなんでも聞いてください!特に神津島なら若いとき(今も若いですけど…)さんざん通ったので、写真を見ればどこの磯かほとんど分かります!? ここ2〜3年、9月〜12月はカワハギ人になりますがお許しください(笑) 【担当コーナー】 磯、投げ・フカセ 【好きな釣り/魚種】 磯釣り全般ですが、特にメジナ、黒鯛、石鯛等々。最近はマグロ釣り、他に船のカワハギ釣りに夢中です♪ 【一番の大物】 口太メジナ/55cm・3kg(一応、茅ヶ崎エボシ岩のレコードホルダーです) 【船酔い対策】 船酔いしないので分かりませんが、酒になら毎日酔ってます(笑)

関連記事